「遅くなるなら、連絡してよー」と彼に
あ~あ、昨夜は楽しみにしていたのに・・・。

何の連絡もくれなかったし。

遅くなるなら遅くなると、言って欲しかったブー o(`ω´ )o



学校は、最後の日だから、きっと何かあるのかなと思って、

朝、出がけに訊いたのです。

「今日は、夕方、何かある?」って。

そしたら、

「今日は特にありませんから、普通に帰ります」と言っていた彼。

それなのにさ・・・。



そして、翌日の今日は、夕方から職場の暑気払いがあるというの。

私は、また一人でお留守番です。



なのにさ、昨日は夜の11時半過ぎにひょっこり帰ってきて、

もうドロ酔い状態なんだから・・・危ないんだよ。


昔の私だったら、どうしていただろう、こんな時?

と、ふとそれを考えてみたら、可笑しくなって、一人でニヤッと。

それで、冷静に戻れたんです。


優しく言ってあげたんよ、私。

「お疲れ様、1学期間大変だったねー」と、しかも笑顔でですよ。

「お風呂沸いてるから、先にするでしょ?」というと、

「ぼくは、manaさんとならお風呂に入る、でも一緒じゃなきゃこのまま寝ちゃうもん」と、甘え口調になって言う彼。

お酒が入っていたからこんなこと言うのでしょうけれど。



うちでは、お風呂は、いつも男の彼が一番風呂ということにしていたので、

私はまだ入っていなかったんです。

だから、まあいいかって、一緒に入ってあげました。



体を洗ってあげました。

ちょこっとだけど、昔のお仕事を思い出して・・・


自分の森林地帯にたっぷりボディーソープをかけて、よーく泡立ててから、

それで彼の腕や背中を洗ってあげました。


そしたら、彼、すっごく感激しちゃったみたいです。

生まれて初めてだったんでしょうね、きっと。

ウブだからね、彼は。


こういう経験は、彼にはあるわけない(と思う)。

そしたら、彼。

「manaさんって、ほんとにすごいです。こういうこともできるんですね。」と。


そしたら、彼は調子に乗って、お顔を立っている私の方に向けて

「顔もお願いします!」というの。



昨日は、暑い日々を乗り切って、最後まで頑張った彼へのご褒美もかねて、希望通りにやってあげました。

お風呂のちっちゃな椅子に座った彼の前に立つと、

彼の頭を両手で抱えるようにして、引き寄せると、洗ってあげちゃいました。

そしたら、今度は彼が自分からこすりつけてきて、離れなくて、離れなくて・・・

なので、シャワーをそのままの状態で頭も流してあげました。


今度は、シャンプーも一緒に。

その間も、彼はずっと埋まったきり。

いつまでたっても離れないの。



結局最後は、シャンプーも終わって、シャワーを流し終わってから、

お湯を熱くして、お背中にかけてやりました。


そしたら・・・

「アッちー!!」

と、飛び上がるように離れて行った彼。

それを見て、笑っちゃった私。


もう、彼はお酒が回っているし疲れているでしょうから。

さっさと、とってもぬるめの湯船に移動させてあげたんですけれど。

そしたら、今度は湯船の中で、ウトウト状態に。

もう、危ないので、ここでゆっくりさせないで、さっさとあげちゃいました。



ベッドに移してあげたら、髪はまだ濡れているというのに、バタンキュー。

下着と甚兵衛さんを着せるのが精一杯でした。


それに、乾いたバスタオルを、枕と彼の頭との間に入れてあげて、

寝かせてあげちゃいました。



今日は、夕方、職場の暑気払いで、また出かける彼。

飲みすぎだけは、気を付けてほしいです。




応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>


関連記事

【 2018/07/21 】

| 日記 |
人のために生きる・・・ということ
この暑さの中でも、彼はエアコンのない教室で毎日頑張っています。

昨日も、持ち帰ったTシャツはびしょびしょで重くなっていました。

そのTシャツが、昨日も4枚もありました。

ですから、彼が帰宅すると、夜のうちに私がお洗濯です。

そうしないと腐ってしまいそうだからです。


教室の気温は、昨日は35度だったそうです。

ついているのは、扇風機が1台だけ。

そんな中で、彼と教え子の子どもたち、がんばっているそうです。

彼の学校では、他の教室もみんな同じようにがんばっているというのです。

それも、1時間や2時間じゃなくて、一日6時間の授業です。

教室に滞在する時間は、少なく見ても朝の8時から午後4時までの8時間。

なぜ、そんな過酷な環境で、がんばれるのでしょうか?


でも、私、自分の小中学校時代を思い返しても・・・、

それができていました。

なぜ、あんな辛いことを平気で乗り越えられていたんだろうと、

今思うと不思議なくらいです。



それは、そう導いてくださった先生がいたからこそできたんだと、彼を見ていて、気づきました。

今さらながら、あの時の先生方へ感謝です。

私の場合は、小学校からずっと担任の先生にほとんど恵まれていました。

この先生とだったら、私はついていく、という信頼関係が無意識のうちにできていたんだろうと思います。

だから、今、彼と教え子の子どもたちは、そういう関係をうまく築けているんだろうなと想像しています。



でも、そんな彼、言っていました。

「あの猛暑の教室で、ぼく一人だったらとても耐えられないですよ」と。

子どもたちのために、という気持ちがあるからこそ、できるのだと。

人間って、そういうもの・・・ですよね。

自分のため、という考え方だと、長続きしないし、辛いことがあると、すぐあきらめてしまうことが多いけれど、

愛する人のためとか、好きな人のためとか、守らなければならない人のためとか、

そんな気持ちを持っているとき、ひとってすごく強くなれます。



私も、人のために、という気持ちを、色んな面でもっていたいな、とがんばる彼を見ていて思いました。

彼のような純粋な人の行動をみていると、自分の過去を思い返したり、今の行動を振り返ってみたりと、色んなことを考えることが多いです。

心が洗われる想いです。



これまでお付き合いしてきた男性からは、決して感じとれなかった部分だと思います。

やっぱり今の彼と結婚してよかったです。

こんな彼と私も成長していきたいと思います。


今日は、彼が夏休み前の最後の日。

明日から子どもたちは夏休み。

先生の彼は、その後も出勤日が続くそうですが、子どもたちはいません。

だから、ひと段落という気持ちになれると言っています。



今日は、そんな週末だから、

もしも、今日、彼が早く帰宅してきたら、一緒に美味しいものを食べに行きたいと思います。

冷たいおビールもいっぱい飲んで、彼にはご馳走してあげたいです。

それに、夜は、彼がトロけてしまうぐらいに、たっぷり可愛がってあげたいと思います (#^.^#)


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>



関連記事

【 2018/07/20 】

| 日記 |
暑さで倒れそうに・・・
昨日は、午後、体調を悪くした社員のピンチヒッターで、

外回りをしなければならなくなりました。

東京の神保町の街を歩き回りました。

場所が、自分の好きな街だったので、自分からかって出たというのが本音です。

でも、あまりの暑さに倒れそうになりました。

営業のひとたちの大変さを、あらためて実感しました。

今の日本って、なんて暑いのでしょうね。

日傘も持っていなかったので、私は暑さで初めて倒れそうになりました。

今は、彼の学校でも、熱中症で早退する子が多いそうです。


私自身の熱中症対策も、本気で考えなくっちゃ、と思いました。

皆さんも、ご自愛くださいませ・・・。


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>




関連記事

【 2018/07/19 】

| 日記 |
| ホーム | 次ページ