なぜか声が聞きたくて・・・
お話しているだけで、楽しい気持ちにさせてくれるYさん。

いろんな男性とお付き合いしてきた私だけど、Yさんみたいに小柄でいて、楽しくて、たくましい人って初めてです。

スポーツを現役でやっているせいか、意外にもムキムキマンだし。

彼なら大きな私をだって、お姫様抱っこだってできそうです ヽ(´∀`)ノ

考えてみたら、そんなことだれにもしてもらったことのない私です。

昨夜も彼からの電話、すっごく長くなりました。

最後は、お布団の中で話し込んでしまいました。

そうすると、彼も同じなのでしょうか?

お話も変な方に行ってしまいます。

そしたら、ガチャン!ですけどね。

また、すぐかかってきます。

「先ほどは、ごめんなさい!」と言ってです。



相談所からは、またお見合い申し込みがあったというご連絡をいただきました。

お会いするだけ、行ってみようかしら、と思っています。

どこで、どんな人と出会うかわかりませんから・・・



それにしても、Yさん魅力的な方です。

これで、身長があったら即決なんですけどね(笑)

どうしても、そこにこだわってしまう私です。


Yさんとの長電話が終わったら、もう日付が変わっていたんです。

いい歳して、JKみたいに2時間余も話し込んでいたことになりました。

体もつかれるどころか、反対に体中が熱くなってしまっていました。

もう寝られません。

仕方なく、プライベートのトレーニングをしてようやくおさまりました。

ブルブルブルブル・・・という振動がすごく気持ち良くて・・・

振動をかけながら、紐を引っ張ったり、中に入れたりと、自然にYさんのことをいっぱい想像しながらトレーニングをしちゃいました。

これも将来の旦那様のためにもなるし、私も気持ち良くなるし・・・すごく満足してます。


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>
関連記事
【 2017/06/27 】

| 日記 |
お似合いではないとは思うけど・・・
土曜日のデートで、Yさんとしばらくお付き合いしてみようと決めました。



土曜日に、銀座にある本格的な中華料理店で、お食事をしました。

Yさんは、お話が尽きないくらい豊富で、私を飽きさせませんでした。

特に、趣味のボルタリングのお話、臨場感があって、惹きつけられてしまいました。

オーバーハングしている壁を登るときの恐怖感についてのお話は、私が上っているような気持ちにさせられてしまいました。

そういえば、Yさんは登山用のザックで来たのですが、私の父と同じで、あちこちに登山に使う用具をぶら下げていました。

それも似合っていて、私、気に入ってしまいました。

お仕事のお話も同様でした。

きっと、お仕事もできるんだろうな、と言う印象を益々強くしました。

私は、お仕事のできる男性が好きですもの。



ただし、お店を出て銀座の街を二人で歩いていると、やっぱり背が違いすぎて並んで歩けませんでした。

傍から見ると似合わないだろうなって、気にしてしまうのは私だけでしょうか。

「他人の目は、どうでもいいじゃない」と母は言いますが、私はどうも気にしてしまいます。

Yさんから見ると、私を見上げる感じになるのですよ。

それにしても、Yさんは本当に私のこと、いいと思っているのでしょうか。

こんなに背が違うのに・・・



ところで、夕方には、相談所のお見合いスペースで、別の方とお見合いしました。

ある役所に勤めているという公務員の方でした。

最初にカウンセラーのKさんがお互いを紹介してくれた後は、二人だけでお話するのですが、この方、全然お話ができないんです。

大きな私を前に、緊張していらっしゃるのかな?と。

私から常に話題をリードしなければならず、疲れてしまいました。

なので、お見合い時間は、30分もかからずに終了です。

申し訳ありませんが、お断りする予定です。


そんなわけで、もうしばらくは、Yさんと交際しようと決めました。

来週末もYさんと、今度は本格的なデートをしてみてもいいかな、と思っています。



応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>
関連記事
【 2017/06/26 】

| デート |
今日は、2回目のデート
今日は、Yさんと2回目のデートです。

お見合いを含めても、まだ3回目です。

夕方には、別の方ともお見合いする予定が入ったので、今日は、お昼ご飯をご一緒するだけにしました。

一人の方に固執しないで、今の相談所の特長を生かして、色々な方とお会いしていこうと思っています。


相談所のKさんからは、結婚を決めるまでは深い関係は待たないようにしてください、と言われています。

もしもの時に断れなくなるし、こじれることがあるからだそうです。

当たり前ですよね。


私よりもずっと小柄なYさんとのそういう関係の場面って、私にはなぜか想像できません。

でも肝心のYさんは、いろんなこと想像しているみたいです。

夜遅くなった時のメールの内容が、最後はエッチ系の話題ばかりになってしまうYさんですもの。

ですが、私はそのようなことを考えないで、のんびりとお話だけを楽しんで来ようと思っています。


ただ、Yさんとは毎晩メール交換しているせいか、前から知り合いであったような錯覚もあります。

今日は、あまりYさんのペースに乗りすぎずに、気を付けようとも思っています。

話題豊富なYさんから、どんな楽しいお話を聴けるのか、それを楽しみにしています。



応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>

関連記事
【 2017/06/24 】

| デート |
| ホーム | 次ページ