FC2ブログ

「性格イケメンって感じね!」と妹の感想
私って、本当に健康的だなーって思います。

お休みの日だっていうのに、いつも早起きだし、

毎朝の公園までのお散歩10分間と

学生時代からずっと続けてきた腹筋運動と背筋運動、そして腕立て伏せは今も継続しています。

この運動の回数は、たったの6回~10回程度です。

だから続くのでしょうね、私にも。

これを学生時代は、100回とかやっていたのですから、自分でもすごかったと思います。

ジムの専門家のひとにも相談して、現在の回数にしました。

これが、私の健康のもとなんです。

ですから、食事と生活習慣さえ気を付ければ、

本当だったら、体重はもっともっと減るはずなんですけれど  (*σ´Д`*)



ところで・・・

昨日は、予定通り私の実家へ行ってきました。

すごく暑かったです。

妹夫婦もあとから、やってきました。

旦那様と一緒でした。

すっごく幸せそうでした。

私が彼氏を連れてくるというので、何気にそこに立ち会いたかったのでしょう、きっと。

もちろん、たまたま遊びに来たっていう感じで、後からやって来たのですが。





暑い中、彼には遠くまでご一緒してもらいました。

お昼ちょっと過ぎに着いて、遅い昼食もみんなで一緒にさせてもらって、話は楽しく盛り上がりました。


特に、父はYさんと山の話に夢中でした。

彼もボルダリングをやるし、父も学生時代は山岳部でロッククライミングをやっていたとかで、楽しそうでした。

父からは、私でさえ初めて聞いた話なのですが、学生時代には、大学とは別に社会人の山岳会にも入っていて、毎週末にその仲間と谷川岳とかいう山に行って岩登りをやっていたんですって。

そこで、崖から落ちて(ザイルで縛られていて助かった)、岩場で宙づりになったというのです。

その時には、右の脛を骨折してしまって、そこからの脱出と下山は死ぬ思いだった、というエピソードまで、聞かされました。


こうして・・・、

あっという間に、2時間余が過ぎた頃、妹夫婦がやってきました。

いつの間にか、お腹にはもう赤ちゃんがいるのです。

『妹も母親になるんだ・・・私だって』と思ってしまいました。

その妹、私が帰宅してから夜に電話をくれました。

その電話では、

「彼って、性格イケメンって感じね!お姉ちゃんを幸せにしてくれそうな人だと思ったわ!お姉ちゃんがんばってね!」とか言っていました。

もう妹は、余裕なんです。


そして、肝心の父は、「俺は気に入ったぞ、彼となら、明るい家庭になりそうだ。お前を大事にしてくれそうな青年だな!」と。

母は母で、この前と同じでした。

「背が違いすぎるし、manaが満足できるかどうかだけが心配」とも言っていました。

これで、私の決断次第になりました。




今日も、彼とデートです。

どうなるかな・・・?

気分次第では、彼を誘惑しちゃうと思います。




応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>


【 2017/07/16 】

| 親への紹介 |
彼は緊張していたけど・・・
一昨日、彼を両親に紹介しました。

両親は、写真でしか見たことがなかったけど、初対面で気に入ってくれたみたいです。

お寿司を食べながら、いろんな話をして盛り上がりました。

彼は、あまりやったこともないのに、父の好きな釣りの話をして合わせてくれたり、

父も音楽のことなんて得意じゃないのに、彼にそれを聴いてくれたり・・・

まあ、初対面の一昨日は、凄く楽しい時間になりました。

妹も二人で来てくれました。

向こうの彼も一緒でした。

これで、二人が子どもを産んだら、きっとにぎやかな楽しい大家族になるだろうな、と想像しました。

それがもうすぐやってきそうです。

私は、今の幸せを神様に感謝せずにはいられませんでした。




午後は、彼が探してきたライブに行きました。

東京の池袋近くのライブ会場へです。

こういうのは私、初めてではありませんが、

大きい私には、席が狭くて会場も狭いし、なんだか窮屈感があって、苦しかったです。

ただ、音楽自体はとても素晴らしかったです。

身近で聴く、そして観る音楽の迫力に圧倒されました。

詳しくは、お話できませんが、お二人ともプロ中のプロです。

おひとりは、彼のお知り合いでした。

特に、ギターの演奏が圧巻。

クラシックとフォークぐらいしかイメージのなかった私には、

あのジャズとかボサノバとかの分野のギターは、ライブで初めて聴いたので、驚きました。

結局2時間近く全く退屈することなく音楽を楽しませてもらいました。

今の彼って、こういう趣味もあったんだと、新発見した夜になりました。


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>



【 2017/02/27 】

| 親への紹介 |
「私の両親に会って!」
正式に、私の彼として、今週末に両親に紹介しようと思っています。

土曜日に、両親に会ってもらってから、コンサートというかライブに行くことにしました。

両親は、前回のことがあるので、そんなに期待していない分、

気分も楽みたいです。


「何を用意しておけばよいかしらねー?」と母。

「ふらっと寄るので、ケーキとコーヒーで十分よ」と私。

「俺もいた方がいいのか?」と父。

「あたりまえでしょーよ!」と私。

こんな感じで、両親の気分は楽々のようです。



でも、うちの彼は、緊張気味です。

「何を着ていったらよいかな?」とか、

「お父さんの趣味は何?」とか、

話題づくりのネタを用意しておくつもりのようです。



翌週は、彼のお家へも行く予定です。



今、どうしてでしょうか。

こんな感じで、何でも私がリードして進めています。

彼もそれに甘えているようです。

最近は、夜だけでなくて、昼間も私の言いなりになってしまっています。

やっぱり私が年上のせいでしょうか?

それとも私が強すぎるのでしょうか?


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>


【 2017/02/23 】

| 親への紹介 |
両親の彼への第一印象は?
予定通り一昨日、私の実家で、彼と両親が対面しました。

母は、昼には、たっぷりとご馳走を用意しておいてくれました。

最初は、応接間で対面。

彼は、きちんとした濃紺のスーツに、黄色のネクタイ。

長身だし、胸板も厚くとっても頼もしいです。

彼がお部屋に上がると、8畳間もほんとに狭く感じました。

うちの両親は、大歓迎でした。

まさか、私より背の高い男性を連れて来られるとは思ってもなかったようで。

そういえば、これまでのボーイフレンドは、みんな私より小さい男性ばかりでしたからね。

父は、特に気に入ってしまって、消防の仕事の話やスポーツの話等々、根掘り葉掘りと訊いていました。

そうして、話していくうちにびっくりです。

うちの母方の祖父と彼の母の祖母は、もとは職場の上司と部下の関係だったということ。

昔のレコード会社でです。

東京の大田区に会社があったそうです。

人の縁って本当に不思議ですよね。

もしかしたら、天国で祖父と祖母が話し合って、私たちを引き合わせてくださったのかもしれません。

感謝感謝です。

こうして、楽しい楽しい3時間が過ぎていきました。

彼は、お仕事のこともあって、なごりおしいのですが、これでお別れで帰路につきました。

私は、久しぶりの実家に泊まって、彼の印象を詳しく聞いたりしました。

そしたら、父ったら「結婚式は、どうするんだ 早い方がいいぞ!」と、もうそっちの話に飛んでしまっていました。

私としては、もうしばらく彼とお付き合いして、人柄等々を見極めたいと思っています。




【 2016/03/07 】

| 親への紹介 | コメント(0) |
今日はうちの両親と会ってもらう日
今日は、彼に、私の両親と会ってもらいます。

東京の両親には、午後から行くと伝えてあるのだけど、うちまで彼が迎えに来てくれる予定です。

「電車でもいいのに!」と伝えたのに。

彼は私のうちに寄りたいみたいです。


うちの母は寛大だけど、父は昔から頑固で厳格だから、なんていうかしら、ちょっと不安もあるんです。

でも、もう三十路の娘が連れて来る男性だからと、喜んでくれると期待しています。

両親は、昔から、私が大きいので、私より少しでも背の高い男性と出会ってほしい、と願っていたみたいです。

その点、彼は背が高いし、しかも消防隊員です。

そうそう、前に国家公務員なんて書いてしまったと思うけど正確には、地方公務員だって。

つまり彼は、東京都の職員というわけね。

東京都は、さすがに財政が豊かだから、国家公務員以上に恵まれているんだって。

ですから、経済的な心配もないし。

条件としては、最良と考えています。

しかも、現在彼は、私に夢中になっている最中です。

彼ったら、私みたいに背が高くて、肉付きが良い女性が好みみたいです。

彼は、女性に夢中で甘えたいタイプかもしれません。

そういう彼を、私は内心、もっともっと飼いならさなくちゃとも思っています。



とにかく、男は、女次第で、出世もするし、ダメにもなると思っています。

私は、彼と結婚したら、間違いなく彼を出世させてあげたいと思っています。

彼をしゃぶりつくすようなダメな女には決してなりません。

そのためにも、彼の心の支えになりたいし、お互いに安らぎのある家庭をつくりたいです。



努力することは、落ち着ける住まいの空間づくり。

そして、美味しい家庭のお料理。

お互いが心から満足できる夜の夫婦生活。

これらを勉強していきたいと思っています。


純情な彼を徹底的に私色に染めていきます。

そして、外では仕事のできる男性として、尊敬されるような存在になってほしいと思っています。



【 2016/03/05 】

| 親への紹介 | コメント(0) |
| ホーム |