FC2ブログ

今、最悪・・・
昨日一日お休みしたのに、まったく回復せず・・・

病院へ行ったのですが、原因がはっきり特定できませんでした。



熱はない、お腹もくだっているわけではない、頭痛もない・・・、

でも体全体がだるくて立っていられないのです。



これは、何なの?



今日も、会社はお休みします。

職場には、本当に申し訳ないけど。



昨日は、休んでいても、会社からのお仕事の電話がいっぱい来ました。

休んでも休めない私です。

彼には、会社を休んだことなんて言っていません。

心配して来るに決まっているからです。

そしたら、私はさらに休めなくなりますから。


昨日いただいたお薬の中には、胃腸薬(お腹は何ともないのに)の他に、向精神薬とかいうのも入っていました。

これって、なんで? と言う印象をうけました。

医者も原因がわからなくて、適当に薬をくれたっていう感じです。



とにかく、今日も一日、寝ています。

それしか方法が見つかりません。


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>

関連記事

【 2017/08/31 】

| 日記 |
今日は、欠勤・・・
体の調子が、さらに悪くなりました。

立っていられない感じです。

食事も喉を通りません。

今日は、お仕事、休みます。


少し、おさまったら、病院へ行ってきます。


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>
関連記事

【 2017/08/30 】

| 日記 |
ずっと続いている体の異変
なぜなのでしょうか。

8月最初の旅行の頃は、すごく良かった体調が、

その後、ずっと下降線をたどって行って・・・良くないのです。

首のあたりから胸、お腹の方まで、気持ち悪いような力が入らないような、

だるさというのでしょうか、それが長期に続いているのです。

食事も普通に食べたら、戻してしまいそうです。



私は、体調管理を兼ねて、針の治療院へも定期的に通っていますが、

そこの先生もおっしゃっていました。

今年の夏は、この天候不順もあって、心の健康や体調を崩している女性がとても多いというのです。

それを聞いて、私だけじゃないんだ、と少しホッとした気持ちになりました。

でも、やっぱりすっきりした気分にはなれません。


その点、男の人には、こういうのってないのかしら?

この何とも言えないだるい感じがずっと続くってことが。


彼はいたって元気ですもの (°_°)

うらやましいです。



話は変わって・・・

今、式場を二人で探しています。

いいところはたくさんあるのですが、どうしてもお互いの両親からは、場所が遠くなってしまって、なかなかマッチしません。

私は、静かで、穏やかで、綺麗な空気の流れているような神社で挙式したいと願っています。

彼は、私にすべてを合わせるって、言ってくれています。

調べてみると、大安だけにこだわらなければ、式だけなので、結構慌てなくても予約はとれる様子なので、安心しています。

じっくりと探したいと思います。

入籍は、お互いの両親の希望も強かったのと、私もその気持ちでいるので、式が終わってからということになりました。


でも彼は、早く私の籍に入りたいと言ってくれています。

嬉しいけど、ちょっと待ってね! と断っています。



季節は、気候の良い11月と思っています。

それまでには、もう少し二人用の家具も揃えていきたいと思います。

結納や披露宴はなしにしたけれど、結婚指輪はやっぱり必要ですね。

式の中で、指輪の交換もしますから。

それに、彼は、記念品もお互いに交換したいと言っています。

私は、特に欲しいとは思いませんが、彼は私から、プレゼントしてもらいたいみたいです。

そういえば、出会ってから、私は彼に、何もプレゼントしたことがなかったことに気が付きました。

何にしようかしら、お互いの予算は同額ぐらいにして、無理のないようにしようと思います。

でもその前に、手作りのセーターとか、マフラーとか編んでおいてあげようとも思いました。

今からなら、どちらだってできそうです。

最後に、結婚までに体重も減らしておきたいな~とも思って、彼にRIZAP
のこと話したら、

彼は、猛反対してきたんです。

今のままの私がいいんですって。

それも嬉しいには違いないのですが、彼は大きくて豊かな体型の女性が大好きなだけなのでは。

とも受け取れます。

今になって思うと、テレビCMに出ていた石田えりさんやあそこに出て来る女性みたいに、自分の体をもう少し引き締めていたら、別の恋にも出会っていたかもしれないな、と・・・私って、すごく勝手な女なんです、イヤですね。




ところで、その彼・・・

今夜も私のお家に来たいと言ってきました。

会っても会っても、会いたいんですって。

それは嬉しいですよね。

でも、私はあんまりベタベタするのは嫌いなのです。

なので、

「今のうちに、独身をうんと楽しんでおきなさいよ!」と、言ってがまんしてもらいました。



いつの間にか、もう夏も終わるんですね。

蝉の声も心なしか小さくなってきたような・・・



応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>

関連記事

【 2017/08/29 】

| 日記 |
本当に甘えん坊の彼
男の人って、みんなこうなのかな?

と思うのは私だけかしら・・・。

それとも、私が今まで出会った人が、たまたまこうだったの?

どちらなのでしょう?



昨日の夕方、私のお家に直帰してきた彼。

私は、のんびりと24時間テレビを観て、待っていたんですが・・・。


途中で、彼からメールが届きました。

「もうすぐ、東京駅に着きます。その後は、すぐmanaさんの家へ向かいます。暑いから、エアコン入れといてください!」ってです。


その後、1時間ほどして、駅から、走ってきたのでしょうか。

汗びっしょりで、私のお家に到着です。


あまりの汗だったので、すぐにシャワーを浴びるように言いました。

素直に従う彼。


出て来ると、テーブルについて、エアコンの効いたお部屋なのに、扇風機までつけて涼む彼。

そして、私が出してあげた冷たい麦茶を一気に飲み干して、私に言うのです。

「manaさん、すっごく会いたかったですよ、ぼく。頼みますからここに来てください」と言って、膝の上に座ってほしいと手招きするのです。


私は、この時は、甘えさせてあげるつもりもあったので、覚悟してました。

だから、「はい、はい・・・」と言って、彼のお膝に跨ってあげました。


そうしたら、ぎゅっとくっ付いてきて離れなくなるんです。

しばらく、私の大きな胸に埋まったかと思うと、

「麦茶が飲みたい」と、私を見上げて甘えてくる彼。

私は、そんな彼の両方のほっぺを手で挟んでから、顔をじっと見て、

「飲みたかったら、何て言えばいいの?」と質問してあげました。


「飲みたいです。飲ませてくださいお願いします」と素直に答える彼。

私は、テーブルの私のグラスにあった麦茶をとって、それを口移しで飲ませてあげました。


そこで、思い出したことも、その後聞いてみました。

「そう言えばさー・・・あの朝、貸してあげた私の下着返してくれるー?」と。

そしたら、バツが悪そうに急に下を向いて、

「それ、無理です、申し訳ないです」

「あら、どうしてなの?」と問い詰めてみました。

「どうしてもです、無理なんです」と彼。

それ以上は答えてくれませんでした。


「あれはさ、上下セットなのよ。高かったんだから・・・上だけあっても、もう使えないでしょー!!」と言ってやりました。

そしたら、「すいません、ほんとに。今度必ず買って、お返しします、許してください」と言って、また私の胸に埋まり込んでくる彼でした。


婚約期間中だけは、甘えさせてあげようと決めていたので、この後もたっぷりと可愛がってあげちゃいました。

彼は、本当に幸せそうなお顔をしていました。

この後も、長い時間、私の子どもみたいになって甘えてきましたもの。



ベッドでは、終わった後、テレビを観ながら、耳かきもやってあげました。

あんまり長時間やると、耳に良くないから、途中からは、綿毛の方で撫でてあげるだけにしました。


こうして、彼が帰宅して来てから、5時間近くも過ごしてしまいました。

二人でこういうことしていると、時間の過ぎるのはあっという間です。

新婚時代って、こうなるのかな?

私は、誰に甘えればいいのかな?

ふと、そう思ってしまいました。



とにかく、最後は、

24時間テレビを観ていたんですが、ブルゾンちえみさんが、ゴールしたところを見て、二人して感動して寝てしまいました。


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>






関連記事

【 2017/08/28 】

| 日記 |
呑気なこと言わないで!
一人になると、なぜか1年後2年後、そして10年後の自分の姿を想像してしまいます。

お仕事のこともそうだけど、やっぱり今は、家庭のことがほとんどです。

このお部屋には、こういう家具を置いてとか、テーブルはこういうテーブルにしてとか、子どものお部屋はここにしてとか・・・



考えすぎでしょうか。

すごく現実的なことばっかりです。

結婚後の住まいはというと、彼の希望もあってこの私のマンションに当分住むことにしました。

駅には近いし、日当たりもいいし、お部屋も子どもが二人ぐらいいても大丈夫ぐらい広いからです。


でも彼は、あまり結婚後のことまで、具体的には考えていないようです。

結婚までのことしか頭にないのです。



それに、結婚しても当分、子どもは欲しくないとも言っていました。

私と二人だけの生活を1~2年ぐらいは、楽しみたいというのです。


なんてのんきなのでしょうね (♯`∧´)

女は、いつまでも子どもを産めるわけではないのです。

男性は、その点がわかっていない人が多いです。

大きな声では言えないことですが、男性は、女性が生理のあるうちは、妊娠すると思っている人が未だにいるのです。

うちの彼もその一人です。

 
女は、35歳を過ぎると、妊娠自体が本当に難しくなってきます。

まして、40歳を過ぎたら、もう本当に無理といってもおかしくないくらいに、初めての妊娠は難しくなるのです。

それでも、無理して子どもをつくろうとすると、やっとできた赤ちゃんに障害がともなったりして、その子の一生にわたって、大変なハンデを負わせてしまうことにもなりかねないのです。



だから、私にとっては、もう時間がないくらいです。

1~2年ぐらい楽しみたいなんて言っていられないのです。

だから、彼にはよく言って聞かせないといけないと思っています。



楽しむのは、結婚までの婚約期間だけのつもりにしてと。

その代わりと言うわけではありませんが、この期間は、私の愛情は、彼一人にたっぷり注ぎ込むつもりでいます。




昨夜も、出張先の宿泊のホテルから電話をくれました。

manaさんに、会いたい、会いたい・・・と、連呼するように言っていました。

嬉しいことですが、一人で寂しくお酒に酔っていたみたいでした。


予定通りだったら、今夜は私のお家に戻ってくると思います。

そしたら、たっぷりと甘えさせてあげようと思っています。



それにしても・・・、

お口の周り、治ったかな?

私が貸したもの、返してもらえるのかしら?

「返してよ!」と言ったら、彼、どんなお顔をするのかな?

それも楽しみです (*^_^*)


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>

関連記事

【 2017/08/26 】

| 日記 |
「男のひとって、そういう所あるもんよ!」と母
今夜は、彼は来ない、関西に行っているからです。

久しぶりに週末を、のんびり過ごせるのもいいな、と内心思っています。

贅沢だと思います。

そういうのもたまには求めてしまいます。

何をして過ごそうかしら、会社の男の子を連れて、ビヤガーデンでも行こうかしら?

想像して、それを楽しんでいる私がいます。




彼は、今夜来られないから、と言って、昨日の出がけに、私に懇願したことがあります。

出がけ前に言われたので、考える時間もなくて、一瞬どうしようかな?とも思ったけど・・・、

『結婚するんだから、まあいいか!』 と思って承諾してしまいました。

彼は、濃い紫色のビニール袋に入れて、中を見えないようにして・・・それをカバンの中へ。

それは、私の下着です。


昨夜、電話で母と話しているときに、それを話すと、大笑い。

「男のひとって、そういう所あるもんよ!」と母。

「お父さんだってそうだったもの!」ともいうのです。

「えっー あの堅物の頑固おやじが?」と私。

母は、今のお前だから話せるのよ、と言って話してくれたんです。


男の人って、そういうところがあるんですね。

実をいうと、今始まったことではありません。

前にも書いたかもしれませんが、以前お付き合いしていた彼もそうでした。


それに、外国でもそういうのって昔から普通にあったんですって。

例えば、戦地に行く時なんて奥さんのものを持って行くのは、男性にとって、普通だったようです。

でも、女から見ると、持って行って何するのかな~?って想像してしまいますよね (#^.^#)

訊いても、男の人は答えてはくれないでしょうね!きっと。



彼が、帰ってくるのは、明日の午後だとか。

持って行った私のもの、返してくれるのでしょうか?


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>



関連記事

【 2017/08/25 】

| 日記 |
いつの間にか、母親口調になっていた私
いつの間にか、母親口調になっている自分に気が付きました。

男性に対して、すぐにこうなっちゃうのが私の悪いところです。



昨夜、夜の9時過ぎに、彼がここに来ました。

お夕飯を食べてもらっているとき、お話を聴いていたら、翌日は、関西へ出張に行くと言うのです。

それなら、当然朝が早いのだろうと、確認すると新幹線で東京駅、7時20分発と言うのです。

だとしたら、ここを5時台の最初の電車には乗らないと間に合わない・・・


「なんで来たのよ?そんなお仕事がある前の晩に?」と聞いてしまいました。

「ごめんなさい、会いたくてどうしようもなかったんです、ホントすいません」だって。



ということで、今朝は、彼を4時過ぎには起こして・・・

ハムトーストとお酢入りのオレンジジュースを食べてもらって、先ほど、送り出しました。

今は、やれやれってところです。


でも、玄関で送り出してから、やっぱり心配がのこりました。

彼の唇が気になります。

下唇の中央の辺りが腫れていて、今にも割れそうでした。

大切な出張の日にです。



昨晩のことが原因だというのは、私の経験からすぐにわかりました。


彼は、いつも私の大切なところに夢中になって埋まって吸い付いてきます。

なかなか離れないので、終わるとお顔も大変。

だから終わった後は、必ず洗顔とうがい薬でのうがいをするように、彼には話しているのですが、

昨晩は、疲れていたのか、「大丈夫ですよ、ぼくは昔から皮膚は強いし、簡単に病気になんかなったりしないです」とか言って、そのまま寝ちゃったんです。


そしたら、やっぱりでした。

今朝は、朝食の時、口の中に何かできてるみたいなことを言っていたし、唇も腫れていたんです。

今になって、うがいを一生懸命にしていましたが、もう遅いのです。

それを見て、「だから言ったじゃない! 私の言うこと聞かなかったからよ!」と、うがいをする彼の背中に向かって、朝から叱ってしまいました。

そしたら、彼は「ごめんんさない、次は気を付けます」だって素直に謝るんです。

もうその先は、何も言えませんよ。

ただただ、お仕事でミスはしないでほしいと祈るばかりです。

見る人が見ればわかっちゃうのですからね、気を付けてほしいです。


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>

関連記事

【 2017/08/24 】

| 日記 |
男のひとが苗字を変わることって抵抗ないの?
昨日、彼と電話で話しているとき、前から訊いてみたいなと思っていたことを、さらっと訊いてみました。

女の場合は、結婚すると苗字変わることって多いから、覚悟しているし、あまり気にしない場合の方が多いと思いますが、男のひとって、どうなのかな? と思っていました。

「貴方はどうなの?私の苗字になるのって抵抗ないの?」と。

お仕事上のこともあるでしょうし、立場上どうなのかなって、気になっていたのです。


そしたら、気を遣ってくれてだとは思いますが、「manaさんの苗字になれるんですから、ぼくは嬉しいですよ、全然気にしてませんよ!」だって言ってくれたんです。


私としては、私の所へ来てくれた以上、大事な旦那様として、真心こめて大切にしていくもりでいます。

この彼の一言で、肩の荷が降りたように感じました。

申し訳ないという気持ちもあったものですから。



今日は水曜日です。

週の途中ですが、彼は帰りに泊まりに行きたいと、昨日言っていました。

こういうこともあったので、私は、それを承諾してしまいました。

彼は、今、私にすごく夢中になってくれているみたいです。

一日に何通のメールが来るのでしょう。

小さなことから大きなことまで。

それは、母親に報告する少年のようにも見えてしまいます。

それに、私と話す時は、未だに丁寧語です。

私は、馴れ馴れしく、ためぐちで話しているのにです。

結婚後も、ずっと、こういう関係でいくのでしょうか?

急に変わられるのもイヤだけれど・・・



それにしても、今夜は、明日もお仕事だし、やりすぎないように彼をコントロールしようと思っています。


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>

関連記事

【 2017/08/23 】

| 日記 |
養子縁組と結納と・・・
養子縁組ということで、両家で話がまとまりました。

父は、彼と彼のご両親へ、感謝の気持ちがこみ上げてきたのでしょうか。

目に涙をいっぱい溜めていました。

それが、頬を伝わって落ちていくのを横で見て、私まで涙してしまいました。


そして、結納は、しないということに。



これらは・・・

先日の週末、私の実家で、彼のご両親と私の両親が話し合う中で、正式に決まったのです。

今回のこと、私の希望が最優先されたって感じがして、申し訳ない気もしています。


私としては、前回の縁談で、両親にはすごく心配をかけているし、お金も大金を遣わせてしまってきているし、結納にそれほどの意味を感じないし・・・等々あったからです。



心のけじめならば、式と食事会でも、十分と私は考えています。

それに、結婚披露宴も私はやらなくてもいいとも思っています。

式だけでも十分です。


ただ、私の母は、私の花嫁衣装ぐらいは是非見せてほしい、と言っています。

それには、父も賛成してしまいました。


それなら、結婚衣装での記念写真かなー?

と今、思案しています。



これは、親孝行だと思ってやるべきかもしれないです。

その方向で考えていこうと思い始めました。

彼にも、彼のご両親の本音を聞き出しておいてもらうことにしました。

このことは、もう少し考えたいと思います。

 
この先、年内には式をあげて、結婚、入籍という流れになりそうです。



次の週末は、お世話になった結婚相談所へ、正式に退会の手続きに行ってこようと思ってます。

それには、成婚料が必要です。

二人合わせると、結構まとまった額になります。

父は、養子に来てもらうのだから、俺が彼の分も出すから・・・と言ってくれています。



とにかく、彼と出会えたことに感謝の気持ちを込めて、行ってまいります。



いよいよ、私の婚活も、ゴールが見えてきたみたいな気がします。

来年の今頃は、もう私のお腹に赤ちゃんがいるかしら?

ついつい夢は膨んでしまいますが、

私には、『人生何があるかわからない』・・・という、三十路を越えた女の教訓があります。


今から、夢は見ちゃいけませんよね!!

神様にいたずらされないように、慎重に進めていかなくては! と思います。



応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>

関連記事

【 2017/08/22 】

| 婚約 |
私の実家へ、彼のご両親と
金曜日の夜、彼は約束通りにやってきました。

結局、この夜は私のお部屋に泊まって、

翌日は、午後には私の実家へ行くので、朝のうちにいったん帰宅。

そして、午後には、私の実家へ、ご両親もご一緒して、やってきました。


私は、自分のお部屋のお掃除やお洗濯等々、彼がいなくなった時間にやって、すぐに実家へ向かいました。

主婦になるとたいへんなんだろうなって、思いました。


ただし、私は結婚後もお仕事は続けるつもりでいます。

完全な主婦にはなりません。

主婦になることを、もし彼に望まれたら、私は別れます。

経済的にも、ずっと独立していたいと思っているからです。



実家では、彼のご両親もすっごくくつろいでくださって、永い時間楽しいお話をして過ごしました。

昔から親せきだったのではないかとさえ、思いました。


それにしても、その間の彼の眠そうな顔ったらありませんでした。

前の晩もがんばりすぎたからです。

先のことを考えないで、全部放出しきったって感じになるくらいまでがんばったからです。

最後は、私がほっぺを叩いても、起きないくらいにバタンキュウ状態になってダウンしました。

そんな私たちを、母は見透していたんでしょうか?

「若いからって、ほどほどにね!」って、ニコニコしながら私たちに言ったのです。



前の晩・・・

彼が、まだ元気満々で挑んできた最初のときに、女子トレで鍛えた成果を試してみたんです。

彼が私に来てから、ぎゅーと力を込めて、絞めてあげると、前回の時以上に効いたみたいです。

「痛っー」と、

ちょっと隣のおうちにまで聞こるのではないかと思えるような声を出して。


私は、その時に、彼に言ってやりました。

「もしね!将来浮気したら、こうしてちょん切っちゃうからー」ってです。

そしたら、彼は、「ぼくは、そんなこと絶対しませんよ」だって言ったのです。



結局、眠ったのは朝方でした。

彼は、全部放出しきって、思い残すことがないみたいでした。

その後は、寝息を立ててぐぅーぐぅーと寝てしまいましたもの。



私はというと、明るくなってきたお部屋の中で、ひとり考えてしまいました。

これまでにも、色々あったし・・・

こういうことも、今だけだろうなって・・・

この彼とだって、この先、何があるかわからない・・・



この歳になると、なぜか虚しさもおぼえてしまいます。

『早く、落ち着いた家庭を持ちたい』

『早く子どもが欲しい』

そんな気持ちになってしまいました。


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>


関連記事

【 2017/08/21 】

| 日記 |
| ホーム | 次ページ