FC2ブログ

痩せすぎは、私には似合わない
彼が、お鼻が痛い、と言っています。

この前の時の、私のドシンが、まだ効いているみたいです。

「だから、言ったでしょ!」と私。


私は、ダイエットをもうしばらく続けます。

今は、一晩に1㎏減みたいなことはなくなりましたが、

それでも、最初のダイエットの目標が、間もなく達成出来そうです。

75㎏をわるのも時間の問題って感じになったのです。

特に、太ももとお腹周りのお肉がすっきりしました。

お腹周りがすっきりするとこんなにも楽なんですね。


でも、私自身、あんまり痩せるのは好きではありません。

70㎏代前半までで、ダイエットは終了して、それを維持しておきたいと思っています。

つまり、程々にっていう感じでしょうか。


針金のように細い脚や腕。

肩の骨や鎖骨がはっきりとわかるような痩せ方は、出来たとしても私の目標ではありません。

女性として、母親になるための豊かさは維持しておきたいのです。



それに、彼は痩せている女性は好みじゃないみたいだし・・・。

どちらかというと、太っている女性の方が好きみたいだから。



40代、50代になっても、健康的なお色気と美しさを持っているような女性。

これが、私のめざすところです。


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>


関連記事

【 2018/01/31 】

| 日記 |
彼と話していると・・・いつの間にか
彼は、色々な本を紹介してくれます。

私の場合、多忙な中でついつい忘れがちな読書。

最近、読書に夢中になる私がいます。



もう電車の中では、スマホ片手に、ネットサーフィンなどほとんどしなくなりました。

先日テレビでも紹介されていましたが、

今、彼から借りている本に、

ハマっている私がいます。

リアル本なので、ちょっと通勤の電車の中では読めません。

内容が内容だからです。

寝る前にちょこっと読んでいます。

わざとちょこっとだけにして、大切に噛みしめながら読んでいます。

すぐに終わってしまいそうだからというのもあります。



この本で、私自身、自分の生き方まで、今振り返ってしまっています。



私の読書法は、同時に3冊程度は並行して読みます。

1冊読んで、次の本へ進むという方法ではありません。

ジャンルが違うので、何冊でも並行読書はできると思っています。



彼から紹介されて、今手にしているのは、

上の本の他に、さらに2冊あります。

①聞くだけで一気にわかる日本史
②西郷の首


彼は、先生としては社会科が、専門だそうで、そっち系が多いのでしょうか。

私は、大学受験の頃、日本史を必死に勉強したけど、

それ以来、ほとんど読書では手にしていなかった分野です。


でも、2冊目の方は、内容が濃くて、読み進めるのが、私には超キツイです。

なので、毎日寝る前に、10分間のタイマーをかけて10分間だけ読んでいます。

これなら行けそう。


1冊目の方は、CDをかけながらです。

あとちょっとで読み終わっちゃいます。

高校時代の日本史の教科書の内容を思い出しながら読んでいます。


こんな感じで、彼と一緒にいると、知らず知らずのうちに教養まで高まってしまいそう。

こういう彼って、素敵・・・ですよね!

だって、いつも新鮮な話題を提供してくれて、まったく飽きないですもの。

彼と出会えて、ほんとに良かったと神様に感謝です。



反対に、私が彼にしてあげられることって何だろう?・・・とも。


私は私で、彼の知らない世界を伝えていければいいのかなって、思っています。


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>




関連記事

【 2018/01/30 】

| 日記 |
ゴメンね・・・痛かった?
わぁー、今週も月曜日の朝は、戦争です。

まずは、彼を起こして、

トーストを2枚焼いて、ハムトーストにして、コーンスープと一緒に、彼にさっと、食べてもらって

そうして、彼を今さっき送り出した所。



朝は時間との戦争ですね。

みんな家庭の主婦は、そうなんでしょうね。

これで、お弁当まで作るとしたら、どれほど大変なのでしょう。

母の苦労が今になってわかってきました。



私は、これからシャワーを浴びて・・・。




ところで、時間の関係で詳しくは書けませんが、一言。

昨夜は、彼をいじめちゃいました。

彼、私がドシンドシンとやったら、まともに受けた彼、鼻血を出しちゃいました。

「重い方が好きです」なんて言うから罰です。

「ゴメンね・・・痛かった?」と言った後に、もう一言。

「だから私、ダイエットしているのよ!」と。




さあ、今週もがんばります!!


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>

関連記事

【 2018/01/29 】

| 日記 |
また、ひとりで果てていった彼
寒さは、一向に和らぎませんね (´・_・`)

皆さん、風邪やインフルエンザ、大丈夫でしょうか?

彼のお務めの学校では、インフルエンザが流行っていて、

学級閉鎖になっているクラスが2つもあるそうです。

皆さんも、十分にお気をつけくださいね。




昨日は、昼過ぎに彼が来たのですが、玄関だけで、中へは上がらずに、

「今日は、美味しいステーキを食べに行きませんか?」と言ってくれて、

すぐに、彼の車でステーキを食べに行きました。



行った場所は、以前にも行ったことのあるお店の系列店です。

”ブロンコビリー”というお店。

私、お肉は大好きだけど、ダイエットを継続しているので、気を付けなくちゃとは思って行きました。


このお店に着いたのが、午後2時頃。

すごく混んでいて、待つこと約1時間。

ようやく席に着くことができました。


今は、午後4時までランチタイムサービスということで、

ランチメニューから選びました。

見た目は、小柄に見えて、ボリューム満点のステーキでした。

サラダバーにライスかパンが付いているので、ドリンクバーもつけたら、もう大満足の内容です。


夜じゃなかったので、サラダやフルーツ、デザートまでも、二人で思う存分食べてしまいました。

彼の食欲もすごかったです。

この時のために、朝ごはんは、トースト1枚にしてきたとか、言っていました。


私のおうちに行ってからは、もう動けないくらいにお腹いっぱいの状態でした。

なので、お鍋にしようと思っていた夕食は、結局なしにすることに。

お家では、彼も満腹状態ですぐに、ソファで横になって相撲観戦を始めました。

私も休憩です。



ただ、お店で待った1時間のうち、最初の約40分ぐらいは立っていたので、もう私の脚はパンパンになっていました。

そこで、ベッドの方へ行って、下のデニムを脱いで、お布団を一枚かけて、うつ伏せに横になりました。

それで、膝から上を立ててぶらんぶらんしながら、下がった血液が足から体の中心部へと戻っていくのを待つことにしているのです。


こういうとき、いつも私は、こうしています。

そうすると、脚が元に戻っていくんです。



しばらくしてから、彼がそばに来ました。

そして私に、

「マッサージでもしてあげましょうか?」

と言ってくれたのです。

「え~、うれしいーな」と私。



そこで、彼には

両脚のふくらはぎから太ももと、念入りにマッサージをしてもらいました。

すっごく気持ち良かったで~す o(^▽^)o

特に、足の裏とか、膝の裏側のツボへは、集中的にやってくれたので、極楽でした。


でも、彼も別の極楽に行きたかったみたいです。

マッサージしてくれると言うので、掛布団をとってやってもらったのがいけなかったのです。

彼には、その景色が我慢できなかったみたいです。

結局、誘惑してしまうことになりました。



まだまだ、外は明るいのに、彼は目の前のものに我慢できなかったのでしょうね、きっと。

突然手を止めて、ベッドに上がり込むと、

うつ伏せ状態の私の下半身のお肉に、グイグイお顔を埋めて来たんです。

激しくて、くっ付けてくるので、着けていたものが破けてしまうかと思いました。


うちは、ベッドのお部屋も日当たりのよいお部屋です。

日当たりが良くて、明るいのですがやっぱり冬です。

エアコンの暖房をうんときかせていましたが、

やっぱり寒いのです。

私的には、大切な旦那様なんだし、マッサージしてくれたご褒美にと許してあげたのですが、むき出しの私には寒くて寒くて・・・


彼に、「寒いからお布団はちゃんとかけてー」とお願いしました。

彼は、「あっ・・・ハイ!すいません!」と言ったかと思うと、

すぐに、そばにあった掛け布団を自分の背中にマントのように被せて、

そのまま私のうつ伏せの背中に、体ごと覆いかぶさってきました。

その彼は、蒲団をかけると、中でさっさと下の方へ移動してしまって、さっきまでしていたことを再開し始めたのです。

あまりにも、グイグイやって来るので、お布団の中の彼に言ってやりました。

「ねぇー!そんなにグイグイ来られたら、出ちゃうからヤメてー!」と。

そしたら蒲団の中の彼、なんと、

「いいです、構いません、思い切りしてください」と、この時だけお顔をあげて言ってきたのです。

「できるわけないじゃん!」って、すぐに私が切り返すと、

今度は・・・彼、またお顔をあげて、

「お願いです。してください、ぼく、こういうこと体験してみたいんです」なんて畳みかけるように言って、

さらにグイグイ押し広げながらせめてきたんです。



そんなことされて、本当にしてしまいそうになった私。

「ヤメテよ!そんなことできるわけないでしょー!!」

と、後ろ手にまわして、彼のお顔を引き剥がそうとしたのですが、

体勢が悪すぎました。

いくら力の強い私だって、これじゃ男の彼に叶うはずがありません。


それに、彼ったら、

両腕で私の両ももをガッチリと抱え込んでしまっていて、びくともしないのです。

離れるどころか、益々中へ中へと押し寄せて来たときです。



将来の旦那様に対して、『ごめんなさい!』と心で思いつつ、

ついに・・・。

密着して離れない彼のお顔にです。

『もう無理!』

と思った瞬間、反対に思い切って力を込めてしまいました。

蒲団の中は、すごかったと思います。



なのにです。

これで今度こそ、私から離れるかと思った彼。

そんな様子は全くなくて、

逆に・・・

掃除機のように変身したお鼻で、一生懸命にお布団の中の空気を吸い取っているのです。



結局こういうことしながら、彼はまた一人で果ててしまったんです。



お布団の中で、しばらく動かなくなった彼・・・

やっと私から離れて、お布団の外に出てきた彼。



仰向けになって、しばらく天井を見つめていました。

そして、「ふぅー」と大きく息を吐いたかと思うと、

ベッドの私の隣に移動してきました。



やっぱり恥ずかしくて、悔やんでいた私に対して、

「アリガトサンです。こんな体験初めてでした。夢のようですよ」と、私の方を覗き込んで、真顔で言うのです。

「私だって初めてよー!お肉いっぱい食べてたんだから、きつかったでしょうー?」と、恥ずかしさを隠そうと笑いながら言うと、

「ぼく、わかりました。男も女も同じなんだということ。勉強になりました。こういうことも体験しなきゃわからないですからね(笑)。でも、こういうのって、すごく興奮するんですよね!僕病みつきになるかもしれませんよ!」なんて、平気で言うのです。

「もう、バカ~!!」と小声で言う私。

そして・・・

『あなたは先生なんだから、気を付けてよね!』と、内心語で心配する私がいました。



今日は、二人でまた出かける予定です。

購入したいと思っている家具や冷蔵庫、洗濯機等々を見に行ったり・・・と新生活の準備です。



それで、彼は、ただ今、一旦帰宅していきました。

お昼過ぎに、またやってきます。

暫しの休息の私。

それまでに、お洗濯にお掃除をしなくちゃなりません。



今夜も彼は、ここに連泊予定です。

今夜こそ、私の方からいじめてやろうと思っています。

昨日のお返しです。



応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>


関連記事

【 2018/01/28 】

| 日記 |
彼には、栄養をつけてもらって・・・
なんていう寒さなんでしょう。

会社にいてもブルブル・・・

私自身が、痩せてきたせいかしら?

寒さには強いはずの私でしたが、この2~3日の関東地方の寒さといったら耐えられないくらいの思いをしています。

珍しく、今朝は蒲団から出ることさえ、億劫に思えてしまいました。



天気予報士の話だと、ほぼ無風状態が続いたために、上空の温かい空気と下方の冷たい空気が

かき回されないことで、地上が下の冷たい空気にずっと覆われているためだとか・・・



この寒い日に誘われて、今夜、彼が来たらお鍋にでもしようかしら、と考えています。



彼には、栄養のあるものを十分に摂ってもらって、夜もがんばってもらうのです。

私としては、早く赤ちゃんが欲しいのです。

彼には先日もそのことを話したのですが、彼はあまりその気がないようです。

1年ぐらいは、あちこち旅行へ行ったりして、新婚生活を楽しみたいのですって。



でも、私的には、入籍が終わったら、一日も早く・・・と思っています。

もう、妹にも先を越されてしまっている私です。

それに、何よりも女には、子どもが産める年齢だって、タイムリミットがあるのです。

私は、もう先が長くありません。

30代も半ばを過ぎてしまったら、普通の妊娠は極めて難しくなるのです。

一年遅れたら、その分可能性がさらに低くなるのです。

男の人の中では、それがわかっていない方が意外に多いようです。

生理があるうちは、妊娠は可能、だなんて考えている無知な男性もいるくらいです。



彼には、結婚までに、このこともしっかり話しておかなくてはなりません。


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>

関連記事

【 2018/01/27 】

| 日記 |
「うんといじめてあげるからね!」と彼に
一緒に過ごすことを重ねてきて、

あんなに品行方正だった彼でさえ、

遣う言葉が、だいぶ馴れ馴れしくなってきました。


昨日の連絡では、「明日行くから!」だって。

文字だけだからかもしれないけれど、

今までそんなことなかった。

私の前では、いつも敬語だったし。



私は、断りました。

「土曜日まで、待ってください!」と。


私だって、そんなに時間とれないし。

仕事が滞ってしまいそうです。

仕事も、今が一番できる時。

私も、がんばりたいのです。


でも彼には、最後に

「土曜日に、うんといじめてあげるからね!覚悟しておいて頂戴!!」

と付け加えておきました。



彼にも存分にお仕事してもらいたいのです。

そして、男として出世してもらいたいのです。



応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>


関連記事

【 2018/01/26 】

| 日記 |
もう時間がない!!
ほんとに慌ただしかった~。

彼を、今送り出しましたところ。

やれやれ、という感じです。


彼に朝ごはんを用意して、そして起こして、送り出すのが精いっぱいでした。

これから、私は顔を作ったり、着て行くものを選んだり・・・自分の準備です。

これから、これが毎日続くのー?

私にできるのかしら?




とにかく・・・、

もう時間がない!!



それでは皆さん、今朝は、これで・・・失礼します!!


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>


関連記事

【 2018/01/25 】

| 日記 |
「水曜日だから行きますね!」と彼
ダイエットのこと。

結局、継続することにしました。

せっかくここまでがんばってきたこともあるし、健康のことも考えてです。

今は良くても、将来のことを考えてです。

特に、これから確実にやってくる40代、50代・・・と。

目標は、70㎏前半まで。

今なら、わりと簡単にできちゃいそうです。

彼が何といおうとやることに決めました。

90㎏もある妻なんて、やっぱり絵になりませんもの。





ところで、

昨日の夜、彼から「明日は、水曜日だから行きますね!」と連絡がありました。

そんなことよりも、「昨日から雪だったのに、朝の出勤、大丈夫だったの?」と聞いてみると、

彼は、電車で出勤したそうです。

車になれている人には、突然の電車通勤は疲れたことでしょうね!

特に、昨日は普段車の人が電車に乗るので、混雑するし、さらに事故があって遅れたというので、さらに混雑にも拍車がかかっていたみたいだし。



『それにしても、いつから水曜日は、私のおうちに、来ることに決まったの?』と思いながらも、

今夜、彼が泊まりに来ることを了解してしまいました。

彼は今、お仕事も私生活も、何をやっても楽しくて楽しくて、まったく疲れないみたいです。

こういう時期に、思う存分お仕事をして、社会に貢献する男性になって欲しいと、妻になる私は願っています。

でも家族サービスも忘れないでね、とも。


私的には、今夜、会えることの喜びに感謝して、翌日のお互いのお仕事を考え、彼をセーブさせながら夜も楽しむつもりです。

彼が体をこわさないように、私自身も、気持ちと体をバランスよくコントロールできるようにします。

もう彼の体は、彼だけのものじゃありません。

私も同様です。


なので、インフルにも気を付けて、出勤時はマスクを着用して気を付けています。


彼との本当の結婚生活開始まで、あと少しですもの。


さあ、今日もがんばります!!

皆さんも、今日一日がんばってくださいね (^-^)/


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>





 
関連記事

【 2018/01/24 】

| 日記 |
ダイエット、これからどうしよう?
彼の本当の好みを知ってから、今までがんばってきたダイエットを、

『この先どうしようかな?』

と、悩んでしまいます。

お腹周りとか、太ももとか、すごくすっきりした自分を鏡でみると、

やって良かったとは思うのですが、

彼が喜ばないのなら、やっても意味ないのかとも・・・考えちゃうのです。

このまま続ければ、70㎏代前半までいけそう、わりと簡単に。



そしたら、高校生の頃ぐらいまで戻れます。

会社での私のイメージは、変わってしまうでしょうけど。

それを想像するのも愉快なのですが・・・




ところで、

私のダイエット法は、すごくシンプルなんですよ。

前にも話したかもしれないけれど、

体に入るカロリーを抑えるだけのもの。

具体的には、夕食でお米のご飯は、絶対に食べないこと。

夕飯は野菜とか果物類のみです。

でもおビールは、OKにしています。

だから、だれでもその気になればできるんです。

ただし、お菓子とかの間食はなしですよ!!



私の場合は、朝起きると、1㎏はダイエットできているっていう日が、普通です。

日本人だから、お米のご飯は、どうしても食べたくなってしまうのですが、それは、朝ご飯やお昼ご飯にまわすようにして、夜だけはがまんです。

その分、おビールをOKにしているので、自然と堪えられちゃうんですよね。


私の体験から、これ、すごく効果がありますよ。

我慢するのは、夜だけなのですから。

健康を害すことも、決してありません。

むしろ健康的だと思います。



この方法は、以前、大学時代にある先輩から教わったものです。

だから、私は、やろうと思えば体重のコントロールは、思うようにすぐにできちゃう方です。


でも、今までは、豊かでいた方が健康的にみえるのか、男性からの声がかかる機会がすごく多かったので、現状維持できました。

ただ、今の彼が重すぎて嫌がらないかな?

と、勝手に思って始めたダイエットでした。

でも、その反対だったということがわかったし。


せっかくやってきたダイエット。

だから、もうちょっとだけ考えて、今後のこと決めようと思います。


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>

関連記事

【 2018/01/23 】

| 日記 |
重いのが好きって、おかしくない?
さすがに、昨日は疲れちゃったせいか、夜は信じられないくらい早寝してしまいました。

もう8時には、ベッドインですよ。

だから、今朝はいつもよりもさらに、早起きしてしまいました。


それと言うのも、土曜日の夜は、一晩中ほとんど寝ていないような状態だったんです。

それなのに、昨日の昼間はあちこちと彼の車で移動してまわったし。

体力に自信のあった私でさえ、もうほんとに疲れちゃったのです。


土曜日の夜、彼の一言で、カチンときて、一晩中彼をいじめてあげた結果もあって、彼、見違えるぐらいにがんばっちゃったんです。

私たち朝まで、ほとんど寝ていないような状態でした。


そこで、新しく発見した彼の事・・・

彼は重いのが大好きだってこと。

前々から、そのようなことは、ほのめかしていたけれど、それが本心だったのですよ。



私は、がんばってダイエットしたことで、現在の体重は79㎏までになりました。

すごいでしょ?

自分ではよくがんばったな~って思ってた。

90㎏弱からの減量ですからね・・・約10㎏の減量ですよ。

どちらかと言うと私の場合は、下半身にお肉がつきやすい体質なので、

ダイエットすると、お尻や太ももは、本当にすっきりするんです。



そしたら彼、お風呂に一緒に入った時に、そんな私を見て、

「ずいぶん痩せてません?」と言ったんです。

その先は、当然褒めてくれるのかと思いきや・・・です。

「えー? どうして痩せちゃったんですかー?」と、まるでがっかりしたように言うのです。


もう、それを聞いて、私はガッカリ。

彼のために痩せたのにです。

私、一瞬言う言葉が見つからなくて、その場しのぎに

「だって、貴方が潰れちゃったら困るでしょ?(笑)」ってお笑い半分に言ってみました。

そしたらですよ、彼ったら真剣な顔つきになって、

「僕、重いmanaさんに潰されたいんです!」と、

酔いが回っていた勢いもあったのでしょうけれど、

そんなことを平気で言ってのけたのですから、信じられませんでした。


『重いのが好き? それっておかしくない?』と心の中で自問する私。

付き合っている彼女が痩せたことに対して、ガッカリする男性は、私でさえ初めてでしたから。


それを聴いて、カチンときました。

『今までのダイエットは、何だったのよー』と内心語が浮かんでは消え浮かんでは消え・・・。

なので、今夜は彼をうんといじめてやろうと誓ったんです。



お風呂の中でも、ベッドでも私に座られたがる彼。

苦しがっても、脚をバタバタやっても、手で私の脚をパンパン叩いて苦しがっても・・・

もう、どいてやらなかったんです。



必死ではねのけようとして、顔をそらして、息をハァーハァーしながら・・・私に向かって。

「もう死んじゃ・・・優しくして・・・」なんていうものだから

「だって重いのがいいんでしょーよ? 苦しいのが好きなんでしょ?」

と言ってやってから、容赦なく、もう一度ドシンしてやりました。

もう簡単に許してやりませんでした。



でも、彼は、こんなこと言っていながらも、

必死になって逃げようとお顔を横にずらしたりして、上手に息継ぎをして、この苦しみを自分から楽しんでいたみたいです。

だって、彼の大切なものはずっと元気に起立しっぱなしでしたし。

私がちょっと様子見に腰を上げてあげてみると、自分からまた吸い付いてくるのですもの。

だから、彼はこういうのが、根っからすごく好きな人なんですよね。

それがわかったんです。



ただただ、あんまりドタンバタンやると、いくらマンションでも、上下左右のご近所に響いてしまうので、

こうして、さんざんいじめてから、結局は許してあげちゃいました。


私が、腰をあげて許してあげると、

もう興奮がおさまらない彼、

自分から勇敢にも、大きな私を押し倒してきて、挑みかかってきたんです。

以前だったら私の前に来ると、すぐに怖気づいてしまっていたくせにです。

そんな過去の彼とは、もう別人になっていました。


男性も、コンプレックスがなくなって自信を持つとこんなにも強くなるものですね。

結局、一晩中私の中にいた彼。


もう寝ちゃったのかなー?

と思って、そっと横に移動させてあげようと思って、動かしてあげると、

また、彼は反射的に腰を動かしてくるんです。


こうして、夜が明けてしまいました。


あまり寝ていなかったせいか、長い2日間でした。

昼間、行ったところのことは、今度書きますね。


それでは・・・、

今週も私、がんばります!!


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>


関連記事

【 2018/01/22 】

| 日記 |
| ホーム | 次ページ