FC2ブログ

眼科ドックで検診、そして彼と
昨日、目の違和感を診てもらうために、以前から予約をしておいた眼科ドックを受けてきました。

場所は、東京のある大きな大きな眼科病院。

眼科だけでこれほどの大きな病院をみたことはありません。

そのぐらいの大きな病院でした。

自分の学生時代に慣れ親しんだ街にあるのと、

日本全国から患者さんが集まるという評判もあって、ここにしました。



昨日は、検査検査で終始追われました。

検査結果とそれに伴う面談は、後日になります。


それにしても、疲れました。

半日、あちらこちらの検診室へ移動移動が続いたからです。

もう、脚がパンパンにもなっていました。

受診をしていて、気になることもありました。

でも、口に出すといいことはなさそうなので、今は控えます。



結局、昨日は・・・

帰宅は、彼よりも遅くなりました。

心配していてくれた彼です。

帰ってきた私に、色々聞いてくれるのですが、

答えるのも億劫なくらいに疲れていた私です。

彼は、私からの帰宅のメールに合わせて、

事前にお風呂も用意しておいてくれたし、

夕飯もお弁当ですが、買っておいてくれました。



なので、帰宅するとすぐにお弁当の夕飯をいただいて、

彼よりも先にお風呂までいただいて、

もう、バスロープのまま、ベッドに行ってバタンキュウでした。

髪を乾かすまでが精いっぱいだったんです。



そんな私を心配してか、彼。

寝室に入ってくると、うつぶせ状態で横になる私のそばに立って、

「ぼく、脚でも揉みましょうか?」

と・・・。

疲れていて、うなずくだけの私でした。


彼は、バスロを少しめくりあげて、

私の片方の膝を曲げて上に立てると、

そのふくらはぎから、足の裏までを優しく念入りに指で押しながらマッサージをしてくれました。

何て気持ちいいのでしょう。

ほんとに極楽でした。

こういう経験って、私には滅多にないのです。

パンパンだった私の脚。

そこに降りていた血が、体の方に戻っていくような気がしました。

こうして両脚の膝から足の裏までを念入りに、揉んでくれた彼なんです。

こんなにも優しい彼なんですけれど・・・


でも、彼には次のお目当てというか下心もあるんです。

いつものことですから、私にはわかっていました。


しばらくした後、今度は、バスロをさらにめくりあげて、膝から上に手を伸ばしてきた彼。

脚の上の方までマッサージしてくれようとするのです。

膝から下の時は、ベッドの横にいて、やってくれていたのに、

いつの間にか、ベッドの上に上がっていて、

少し脚を開いてうつぶせ状態だった私の真後ろに来ていたのです。


それでも、最初のうちは、がまんして優しく揉んでくれていました。


でも、5分も経たないうちに、

「manaさん、ごめんなさい、いいですか?・・・ぼく、もうがまんできません!」と。

「・・・」

返事をしないでいた私。


そしたら、OKでももらったと思ったのでしょうか。

彼は、天井から下がっているお部屋の照明の紐を引いて、それを消すと、

私の後ろから襲い掛かってきたのです。

このところ私を気遣って、我慢してきた期間もあったから、

しばらくぶりなんです。

なので私に甘えてこなかった分なを取り返したかったのでしょうか。


ほんとに野獣みたいな荒々しい息づかいになって、

あっという間に私のおしりむしさんになってしまっていました。

自分が潜り込むと、めくりあげたバスロの裾を元にもどして、頭から被る格好になった彼。

その中で彼は、たっぷりついた肉を引き裂くようにして、必死でお顔を潜り込ませようと必死で突き進んでくるのです。

バスロの中は、何も着けてないものだから、彼の好き放題の世界。

グイグイグイグイと容赦なく突き刺してくる彼のお顔に、裂けてしまいそうな痛みが私を襲ってきました。

「○○くん、痛いよー、そんなに来たら裂けちゃうでしょー!」と、後ろに振り返って言う私でした。

でも、そんなの彼の耳には届かないの。

もう夢中で夢中で自分のことだけ。


そして、今度はお顔を離したかと思うと、潜り込んだバスロからお顔を出して、

「manaさん、お願いします!思い切りしてください!」

と、懇願してくるのです。

「ばっかー!そんなの出せないよっ」と私。

慣れてきた最近の彼は、こういうことも平気で口に出しておねだりするようになったんです。

私が断っても、また潜り込んで行って、

鼻先でグイグイと突き上げてきて、それを密着させて待っているんですもの。

私は、こんなこと無視するしかありませんよ。

いくら私だって、自分の夫にそんなことできるわけないから。


しばらくこうしてくっ付いて離れないでいた彼。

しまいには、お独りで果ててしまったようなのです。


もう、疲れ果てていた私は、そんなの知らないです。

見届けてあげる元気もなく、先に寝入ってしまっていましたから、どうだったのかなんてわかりません。




それにしても、今朝、目を覚ますと、まだ私の後ろにくっついていたのには驚きました。

ずっと私の脚に腕を巻き付けて寝ていたのです。

彼の足は、ベッドの下の方からはみ出していました。

本当に、どこまでも甘えん坊さんなんです。

私が先に、そっと起きようとすると、無意識に腕を巻き付けてくるんです。

そんな彼の頭を撫で撫でしながらだましだまし、今朝は起きてきました。



彼は、今日もまたお昼近くまで寝ていることでしょうね、きっと・・・。

幸せそうなそんな彼のお顔をみると、やっぱり私もうれしくなってしまうのです。



こんな私たち、変わった新婚夫婦なのでしょうか。

それとも、普通?

こういうことって、話題にしないのでわかりませんよね。



応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>

関連記事

【 2018/09/29 】

| 日記 |
楽しむだけの夫婦生活に虚しさも
夕飯のとき、ちょこっと朝のことを口にしました。

子どもが早くほしいと、今度は、彼にはっきりと聞こえるように言いました。


そしたら、彼。

「その話は、前にも言ったとおりです」

と、きっぱり。

つまり、しばらくは、二人だけの夫婦生活を楽しみたい、ということ。


でも、私は日一日と年齢とともに、赤ちゃんを産める確立が下がっていくのに焦りを感じているのです。

それは、女なら誰もが感じること。

ところが、彼は女としての出産の機能は、閉経するまで続くとさえ思っているようなのです。

あまりにも無知すぎです。

説明しようとすると、別の話をしたり、はぐらかしてしまおうとしたり、黙ってしまったりする彼です。

大人げなさすぎます。


そんなにいつまでも私に甘えていたいのでしょうか。


私は、貴方の母親じゃない。

今のままだと、ただ楽しむだけの夫婦生活。


それはある意味では、有難いことだし、感謝しなければいけないことなのです。

でも、なぜか虚しさをも感じ始めている自分がいます。



応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>






関連記事

【 2018/09/28 】

| 日記 |
「早く、子どもがほしい」と彼に
今朝、彼の出がけに

「私、早く子どもがほしいな・・・」

と、ひとり言のように呟いてみました。

そしたら、そのことには、何も反応しない彼。

まるで聞こえなかったかのように、

「行ってきます!」

と言って、出勤してしまいました。



子どもの事を話題にすると、すぐに話題をそらそうとする彼。

どうしてなんでしょう?

遅くなればなるほど、私だって難しくなっていくのに・・・



応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>

関連記事

【 2018/09/27 】

| 日記 |
「子どもはまだなの?」と母から言われて
先日、実家へ行ったとき、母から言われた一言がきっかけで

今、私の心が揺らいでいます。

「貴方たちって、本当に仲が良くていいわね!」

と、母から言われた後、

「ところで、赤ちゃんは、まだなの?」と。

今は、訊かれたくないことを訊かれました。



それで、私が少し黙っていると、彼。

「ぼく、こういう仕事やっているのに、すごく小さい子って、どうもダメなんですよ(笑)。だから今は欲しいとは思いません」

・・・なんて衝撃的なこと言ったのです。



それは、その時の彼の表情からみて、とても冗談で言ったとは思えませんでした。

彼、ほんとにそんなこと考えているのかしら。

と、私不安になりました。


もしも、ずっとそのつもりなら私だって考えないといけないし。

私は、絶対に子どもが欲しいのです。

このこと、タイミングをみて彼と話し合いたいと思ってます。

ずっと、二人きりの結婚生活なんて、考えられません。

私は絶対にイヤです。




応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>


関連記事

【 2018/09/26 】

| 日記 |
太って喜ぶなんて・・・
このところ、ケガや体調不良で、私、全然ジムへは行けてません。

体を動かさないのに、食事は普通なのでやっぱり体重が気になるところです。



昨日、お風呂に入るときに計ったら、なんと77㎏。

2~3㎏以上は増えていました。

彼に話すと、「いいじゃないですか。manaさんは、ふっくらしていた方が健康的ですよ」とか言って、喜んでいるんです。

彼は、やっぱり豊満好みなので仕方ありませんけどね。


ところで、私、手のケガの回復はまだまだなんです。

まだ、抜糸もできていません。

だから、お風呂はいまだに、ビニール袋をかぶせて入っているし、

彼に背中を流してもらっています。


食事のおかたずけの方も、彼が進んで、やってくれています。

ほんとに優しくて、有難いです。



ところで・・・、

23日のお彼岸の日に、私たち、両家のお墓参りに行ってきました。

関東地方は、とても天気が良くて、お墓参り日和でした。

彼のお家方のお墓をお参りして、お父様にご挨拶して、

それからすぐに、私方のお墓参りに行きました。


帰りに、私の実家へ寄ると、

もう仲直りしていた父と母が出迎えてくれました。


車を降りてから玄関まで、彼と手をつないで歩いて来る私たちを見て、

「貴方たちって、本当に仲が良くていいわね!」と母が笑みを浮かべながら言ってくれました。


お昼ご飯を一緒に食べて、ゆっくりしてから帰宅しました。

これも親孝行だし、と思って。



それにしても彼には、このところお世話になり放しです。

ご褒美に、昨日は、まだ左は不自由な手でしたが、

昼間から、彼の大好きな耳かきをやってあげて、

耳かきの後は、彼の大好きなことを続けてやってあげたんです。

太ももでぎゅぎゅーと挟んであげたんです。

デニムのショートパンツだったので、

彼にとっては肌が直接触れるから、とっても気持ちよかったみたいです。

挟んであげると、ほんとに幸せそうなお顔になる彼。

「気持ちいい?」って、下で挟まっている彼に訊くと、

「はい」と、恥ずかしそうに目をそらして答える彼。

「ねっーえ、ちゃんとアタシの目を見て言って!」と言ったでのすが、

それでも恥ずかしいのか目を合わせられない彼でした。


なので、今度は思い切り閉め切っちゃいました。

彼のお顔が隠れてしまうと、

彼ったら、私とつないでいた両手をぐいと力を込めて、握り返してそれに応えてきたんです。

すごく喜んでくれたみたいで、うれしかったです。

これで、ご褒美になったかしらと、自己満足する私でした。




さあ、今週は火曜日からですから、4日間ですね。

お互いに、社会人がんばりましょう!!



応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>



関連記事

【 2018/09/25 】

| 日記 |
感謝して食べればなんだって美味しい
昨日は、左手の治療に病院へ行きました。

ケガした手を治療してくれた病院へです。

しかし、とんでもなく混んでいて会社を1時間早く退社したのに、

帰宅したのは、夜8時半過ぎ。

夕飯の準備もできずに、彼には申し訳なかったです。


彼も彼で、何も食べずに待ってくれていて、

それでいて、ご飯も炊いてないし・・・で。



なので、カップ麺にしました。

買い置きが何種類もあるので、助かりました。

わが家では、非常用も兼ねて10食以上の買い置きがあります。

その中で、二人して選んだのが焼きそばの”一平ちゃん”。

お腹もすごく空いていたし、1つじゃ足りないくらいでしたが、

おビールも飲めたし、すごく美味しかったです。


二人で「美味しいね、美味しいね!」と連発しながら食べたからでしょうか。

いつも以上に美味しく感じました。

そんなとき彼が言っていました。

カップ麺が世界で最初に発売されたのが、1971年の一昨日(つまり9月18日)だそうです。

何で彼がそんなこと知っているかと言うと、学校で毎日「今日は何の日」というのを、

日直の子供さんが発表するからだそうです。


今では、このカップ麺の源であるカップヌードルは、世界80か国以上で売られているそうですから、

その発明はノーベル賞なみですよね。

すごい貢献だと思います。


私も多くの人の役に立つ仕事がしたいなと、ささやかですが、カップ麺をいただきながら思いました。



今日は、週末ですね。

そして、明日からまた3連休。


私はというと、秋分の日もあるし、

彼と両家のお墓参りだけは、必ず行きたいと思っています。


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>


関連記事

【 2018/09/21 】

| 日記 |
背中を流してもらうことの快感
左手が使えないのと、左手をお湯につけられないというのもあって、

昨夜は、彼が進んで、私のお風呂の時に入ってきてくれて、

後ろから背中を流したり、

体全体を洗ってくれたりしました。


男性に体を洗ってもらうなんて初めての体験でした。

これまでは、いつもこの逆のことばかりだったから。

ひとにやってもらうってこと、こんなにも心地いいのですね。

初めてその快感を知りました。


ちょっぴり心配していたのは、途中で彼が興奮するんじゃないのかな?ということ。

でも、大丈夫でした。

全然そんなつもりはなかったみたいです。

それも、私がケガをしていたり、目の方も良くなかったりしたことを気遣ってくれたからだと思います。


そんなわけで、昨日は、ひとりじゃないことの有難さと彼の優しさをかみしめたひと時でした。


健康なときにも、たまには彼にこうしてもらいたいなと思いました。



応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>



関連記事

【 2018/09/20 】

| 日記 |
危ない!!交通事故に
昨日、出勤途中に駅を降りて歩道を歩いているとき、

前方から来た自転車が、そのまま私にぶつかってきました。

歩道だし、当然歩行者優先です。

普通に歩いていた私にです。

私だって、いつもの体調なら、とっさによけられたようにも思います。

でも、視界がはっきりしなくて、一瞬遅れてしまいました。

ぶつかってきたのは、若い女の子でした。

たぶん二十歳そこそこの女の子。

「すいません!大丈夫ですか?」とすぐに頭をぺこりと下げて、謝罪してきました。

また、幸い私は、体の右側にぶつかられたのですが、

スカートにタイヤの汚れが少しついたこと以外は、

大きなケガにつながるほどではなかったので、

最終的には、その場で許すことにしたのです。


ただ、ながらスマホだったのには、少し憤慨してしまいました。

私も出勤途上で急いでいたので、その場で許すことにはしたのですが。

休日のゆっくりできる時間だったら、警察問題にしていたかもしれません。


今、ながらスマホで死亡事故だって起きている時代です。

社会問題にまでなっています。

彼女だって、当然ニュースなどで、それを知っているはずです。

「貴方!ながらスマホは危険なの知っているでしょ?ここでやめると約束して頂戴!!」と、やや怖い顔して語気を強めて言ってやりました。

そしたら、

「はい、すいません。もうやめます、すいません」

なんて素直に答えたので、結局その場で許すことにしたのです。

私、彼女の答え方によっては、これで済ますことはしなかったことでしょう。


大きな事故に巻き込まれなかったこと、神様に感謝です。

どこで何が起こるかわかりません。

今朝も、気を付けて出勤したいと思います。


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>

関連記事

【 2018/09/19 】

| 日記 |
彼に話した
あまり自分の弱い所を、自分から話すというのは、私の性格には合いません。

でも、彼は知ってないと困ると感じました。

彼は、指のケガ以外は、私が普通の健康体と思っているのです。



毎日続く、目まいと視覚の不調。

28日の眼科ドッグまでに、まだ何かありそうな気がします。



昨日は、リビングで彼の耳かきをやってあげたのですが、

視野が定まらなくて、ずっと片目を閉じたままやってあげていました。

だけれども、左手が使えないから彼の耳たぶを抑えることもできないし、うまくできません。


それで、耳かきしながら、彼に話しました。

そしたら、

「えっ、うそでしょー。どうしてもっと早く教えてくれなかったのですか?」と怒られてしまいました。

耳かきは、すぐに中止。

即、ベッドで休むように言われて・・・。



でも、今日も会社は休めない。

自分の体をだましだまし行くしかないです。


こんなに続く体調不良、何なのだろう?


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>



関連記事

【 2018/09/18 】

| 日記 |
「ご褒美に、半殺しにしてあげるね!」と彼に
こんなことって、普段だったらまずないのですが、

目の見え方がおかしかったからなのでしょうか。


昨日の昼食の準備で包丁を使っているときに、

ざっくりと自分の手の指を切ってしまいました。

タイミング悪く、前の日によく研いでおいた包丁だったので、

それがよく切れたんです、深く切れてしまいました。


左の人差し指からは、次々と血が噴き出すように出てきました。

すごい出血でした。

大急ぎで水道で洗って、きれいなタオルをとってきて、自分で強く抑えたのですが、

なかなか止まりません。

そのタオルさえ真っ赤に染まり始めてきました。


それで、左手を上にかざしながら、

まだベッドで寝ていた彼を起こしに行ったんです。

休日診療の病院を調べてもらうためにです。


様子を知って、すぐに飛び起きてくれた彼。

すぐにパソコンで病院を調べてくれて、出発の準備に入りました。


このケガ、このところ目の調子がよくなくて見誤りが原因だと思いました。


幸いに、昼休みに入る前の病院にぎりぎり間に合いました。

すぐに麻酔をしてから縫って頂いたのです。

4~5針ぐらい縫ってくださったようですが、私はその場面を直視できませんでした。


それにしても、彼の行動の素早さには驚きました。

手際の良さには驚きました。

私の保険証からお薬手帳、お財布、それに着替えまでも、全部用意してくれて、

病院の場所まで調べておいてくれて、すぐに車で連れて行ってくれたのです。


いざとなると、この人はすごく頼れる人なんだ、ってあらためて思いました。

夜の彼だけを見ていると、甘ったれ小僧みたいに思ってしまって、

時々頼りなくも思ってしまうこともあったのですが、

いざと言うときは全然違いました。

良い意味での二重人格っていうことでしょうか。



病院では、もしものことがあるので、破傷風の注射もうってくれました。

麻酔が切れてくると、痛いことったらありゃしませんでした。


しばらくしてから、ズキンズキンと左手に痛みが襲ってきたのです。


病院の帰りには、

「美味しいものを食べて元気をつけて帰りましょう」

と言う彼が、ステーキ屋さんへ連れて行ってくれました。

久しぶりの分厚いお肉。

でも、左手が使えなくて自分ではお肉を切れません。

そしたら、彼が、私の鉄板のお肉を切って、私の口まで運んで、食べさせてくれたのです。

周りのお客さんに見られているようで、ちょっぴり恥ずかしかったです。

いざと言うときは、こんなに甘えさせてくれるんだ、と新たな発見に感激しました。

私、これまで、男の人に食べさせてあげたことはたくさんあったけど、その反対は全くありませんでした。

初体験だったのです。

だから、すごくすごく、うれしかったし、美味しかったです。


というわけで、帰宅してからは、もうおとなしくしていた私です。

ただ、ソファに座ってテレビを観て過ごすばかり。


そして・・・、

病院へ連れて行ってくれたことなどを彼にお礼を言うと、彼。

「その分、またぼくを可愛がってくださいね(笑)」って、言ったんです。

そのせいか、帰宅してからは、堂々と私のそばから離れないでいたのです。

ソファは、2つあるのですが、ずっと私の隣に座っていました。


私だって、昼間のことで、彼にはご褒美あげなくちゃというのもありました。

でも女の子の日がまだ終わってないし、

手は使えないしで、悩みました。

左手は痛いので上半身には絶対に触られたくもなかったからです。



結局、昨日は、彼も私も待ちきれないで、

夕方から夫婦生活のお楽しみが始まってしまいました。

彼には、今回は脚だけでいじめてあげることにしたんです。

「今日のご褒美あげるね!」と彼には言いました。

彼をベッドの端から、頭だけを出るようにして仰向けに寝かせたんです。

「こんな感じですか?」と言って、私の言うとおりに素直に従う彼。

彼にとっては、初めてのことだったので何があるのかわからないようでした。


ベッドの端から飛び出るように突き出した彼の頭。

そのそばに立った私です。

「ねっーえ?アタシのさー、スカートの中に入りたい?」って、きいてみたんです。

「えっ、いいんですか? モチですよ、モチモチですよ!ぼく」

と応える彼。

私の言葉に、元気満々になって、足をばたつかせて喜ぶんですもの、単純で可愛いです。


それで、私、お気に入りの室内着のフレアの前の方だけ右手でまくり上げてから、

彼のお顔を中に入れてあげてから、そこに私が跨ってあげたんです。

「あ~ん、もう最高ー。こんなの初めてー!」と言って中で喜ぶ彼。

そして、自分から埋まって来ようとお顔を持ち上げてきたんです。

なので、

「それはダメー! まだ女の子の日が終わってないんだから」と、

両脚で彼の首筋をぐいと絞めあげてやったんです。

うぐっー、と声を漏らす彼。

「ご褒美に、半殺しにしてあげるねー」と言ってから、

体を全部彼の方に倒して、体重を預けました。

そして、足を宙に浮かせたのです。

私の重さに、さらに、うっぎゅーとつぶれた声を吐きだす彼。


そこで、私。

今度は、宙に浮いた脚と脚を絡ませて、ぎゅーっと絞めあげて行ったんです。

うっぁっー、と苦しそうな声を漏らすスカートの中の彼に、訊いてやったんです。

「気持ちいーい? それとも苦しーい?」って。

そしたら、「気持ちぃ・・・」と言い出したところで、

さらにぎゅっーと渾身の力を入れて絞めてやったんです。

もうこの時には、私の目の前には、彼の大きな大きなお山がそびえ立っていました。


でも、ここでオシマイにしました。

あまりにも力を入れすぎて、私の左手の痛みが復活してきてしまったからです。

また、傷口から出血でもしてしまったら大変です。

それに、彼には少しずつ教えてあげたいとも思ったからです。



純情な彼だから、きっとこれにも病みつきになると思います。

「またやってください」と言って、

しばらくは、おねだりしてくると思います。

可愛いんだから、本当に。


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>









関連記事

【 2018/09/17 】

| 日記 |
| ホーム | 次ページ