FC2ブログ

お鍋の季節
仕事、仕事、仕事・・・で過ごしてきたこの2か月。

これからはさらにそうなりそうです。



なので、昨日は、彼よりも先に帰宅して、鳥鍋にしました。

鳥の骨付きを濃いめのたれで煮込みました。

それをメインにお豆腐や昆布、お野菜を添えました。

体は温まるし、お野菜も摂れるしで、とても健康的です。


彼のために、こうして夕飯を作ってあげられるのもあと何回かしら・・・

そう思うとなんだか寂しくもなってしまいました。


彼もなんとなく、そういう気持ちになってきたみたいです。

ベッドに入るとさらにべったりになりましたから。

いつもそうだったけれど、さらにそうなりました。

ちっちゃい子がお母さんから離れたがらないように、くっついてくるのです。

夜は、本当にしょうのない子になってしまうのです。


週末には、現地へ行って、ワンルームのお部屋でも見て回ろうと思っています。


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>


関連記事

【 2018/10/31 】

| 日記 |
見える景色が変わった
不思議なもの。

転勤がほぼ内定してからというもの、私から見える周りの景色が変わりました。

周囲の人たちは、もちろん知らないことなのですが、

私は、もう次の世界へ心がいっていて、他人のようによそよそしくさえ思えてしまっています。

新事業所は、早ければ年内にスタートさせるという社長。

だから、それまでにお部屋探しもしておかなければなりません。

うちの支店から一緒に行っていく人材も抜擢しておかなければなりません。

急に、慌ただしい気持ちになっています。


でも、彼との私生活は、これまで以上に大事にしたいです。

せっかく、結婚して私のおうちへ入ってくれた彼ですから。

ずっと忘れないで大事にしたいです。


それなのに彼は忙しいからか、意外に他人事のように感じているみたいです。

単身赴任になったときのことまで、まだリアルに想像できていないみたい。

大丈夫かな?

私たち・・・




応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>



関連記事

【 2018/10/30 】

| 日記 |
自分のことばかりで彼をほったらかしに
この1週間、自分のことばかりで追われてしまいました。

彼のことを考えるようなゆとりなしでした。

そのせいか、昨日はたっぷりと可愛がってあげました。

といっても彼の好きな体位はきまっているので、座ってあげただけ。

これで、彼は大喜びだから。

私は簡単に彼を満足させてあげられるみたいです。



夢中でうむうむとやっている彼。

その下にいる彼に、私。

少しだけ腰を上げて覗き込んでから、

「ねぇーえ、そんに埋まってさ、押しつぶされてさ、どこが気持ちいいの?」

って、訊いてみました。


そしたら、素直に

「もう死んでもいいくらいに幸せです」

といつもの答え。

「ねぇ?埋まっているときってさ、何考えてるの?」

って、さらに質問を。

そしたら、

「このまま死んでしまいたいなーって思ってます」だって。



それを聞いて私。

「そんなの絶対に許さないからねー、死んじゃ嫌よ!!」

と、くぎを刺してやりました。

「そんなこと考えてるんだったら、もう座ってあげないから!!」

・・・とも。


でもこうして、彼と毎日一緒にいられるのも、そんなに長くないなと思うと、ちょっぴり寂しくなりました。


人生って、何があるか本当にわかりません。



応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>


関連記事

【 2018/10/28 】

| 日記 |
一度しかない人生、ダメで元々だから・・・
悩みに悩んだ末、やってみようと決めました。

無理だったら、その時に辞めます。



単身赴任になりますが、お部屋代は会社から支給されるし。

彼とは、しばらく別々の生活になりますが。

週末は会えるし。


もう二度とやってこないだろう機会なので。

新天地で、やってみることにします。



今日、上司に伝えます。



応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>


関連記事

【 2018/10/26 】

| 日記 |
会社の奴隷に・・・それがサラリーマン
父にも、それとなく会社の異動の件、相談しました。

父は、「要するにサラリーマンは、会社の奴隷なんだよ!どっちを選ぶかは自分で決めるしかないな、俺は決められないよ!」と。

とにかく、受ければ受けたで、また次の要求があるに決まっている会社という組織。



この際、いったん辞めて自分のこれからを見つめなおそうかしら?

とも、考えています。



少しの貯えもあるし、失業保険だってもらえるし。

しばらく、充電期間を設けてみようかしらと・・・



いざとなったら、私は何でもできるんだし。




あー、悩むな~ ( ̄^ ̄)ゞ



応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>


関連記事

【 2018/10/25 】

| 日記 |
どうする?これからの私
気持ちが決まりません。

ここで言われるとおりに、出世の道を選んだら、上司の思うつぼという感じもしてしまうし。

だからと言って、もっと上の世界を試してみたいという気持ちも私の中にはあるし。

さらに、彼との結婚生活もどうなるか心配でもあるし。



こんなことって、1週間もないのに簡単には決められないわ!!

どうしよう? (ノ_<)


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>

関連記事

【 2018/10/24 】

| 日記 |
私が支店長に?
昨日、朝から支店長室に呼ばれて、お昼近くまで話しました。

本社の方から社長も自ら来てのお話でした。

結論から言うと、他県で新しく支店を出す計画があるので、そこの支店長になってほしいというもの。

つまり、昇進させるから退職するな、ということ。


もし、私がこれを受けたら、私は単身赴任になります。

彼は地方公務員で他県には転勤できません。

だから、お互いに離れ離れの生活に。

しかも、子どもをつくるどころじゃないし。

ただし、1~2年で会社の基盤を作ってくれたら、東京の本社勤務にするというのです。

結論は、家人と話し合ってから、今週末までに出してくれという。


私は、断ろうと思っていました。

でも、帰宅して彼に話すと、

「またとないチャンスじゃないですか。この機会を逃す必要はないと思います。」とかいうのです。

「もし、そうなったら私たち離れ離れになるのよ」と話すと、

「週末にぼくの方から、会いに行きますよ」とも。

私、1、2年したら、もう完璧なアラフォー。

出産もタイムリミットだし。

どうしよう?


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>


関連記事

【 2018/10/23 】

| 日記 |
3日ぶりに帰宅すると、彼は・・・
3日間も家を空けました。

結婚して半年余といったら、まだ新婚といっていいと思います。

それに、会社を辞めようとしている私です。

その私が大切な取引先との交渉のために出張をするなんて・・・

うちの会社、やっぱり人材不足なのかしら、そう思ってしまいました。



まあ、とにかく行った先は、鎌倉方面だったので、

お昼には、鎌倉の中心地まで散策できました。

久しぶりの鎌倉の大仏は綺麗でした。

daibutu.jpg

その時は、ちょうどお天気も良かったし、半袖でも十分という天候でした。

それにしても、鎌倉って、今も昔も小中学生の修学旅行生がいっぱいいたということは、変わりありませんでした。

私も中学生のときに、遠足へ来たことを思い出したりしました。



2泊して、3日目もお仕事の交渉で商談も成立までさせました。

前々から存じ上げていた社長さんだったので、話は早かったです。

これも信頼関係の積み重ねがあったからと感謝です。


それで、早く帰宅することもできたんだけど、もう少し鎌倉の街を散策。

歩いていて思ったのは、こんな素敵な街に将来住めたらいいなってこと。

鎌倉の江ノ電の駅のある側も歩きました。

お店の前を歩いていて、素敵なお店があったので、そこで、白玉ぜんざいを食べました。

siratamazennzai.jpg

これで、十分にお昼ご飯にもなってしまいました。

美味しかったです。


鎌倉は、静かで落ち着いていて、そして綺麗な街。

本当に素敵でした。


夜の8時半過ぎに、私が帰宅すると、もう彼が帰っていました。

3日間私がいなくても、お部屋は綺麗に片付いていたし、

お洗濯までしてあったし、

お掃除もしてあったし、

ゴミもきちんと処理してあったし・・・なので合格です。


でも、彼自身の欲求は、全然処理できていなかったみたいです。


帰宅して、室内着に着替えてから、洗面所で洗顔していると、

いつの間にか私の後ろには、彼が来ていました。

しかも膝間づいてです。

「manaさん、ごめんなさい、ぼく、いいですか?」と彼。

「アタシ、鎌倉歩いてきてさ、すっごく汗かいてきたんだから、ダメに決まってるでしょ!」

と、言っても彼にとっては、これはただの社交辞令にしか聞こえないようなのです。


彼は、結婚してからというもの、本当に私のおしりむしさんになってしまったんです。

私のおしりがなかったら生きていけないんじゃないかしら、と思うくらい毎日求めてきます。

だから、私は彼のこういう秘密を知っているただ一人の人間です。


それが、3日間空けたもんだから・・・。

私だってこういうのには、もう慣れちゃいました。

私がダメ、と言っても、こういう時の彼は、コントロール機能を失っています。

これって、いつもなんです。

私が洗顔して、お化粧を落としているときも彼は、ずっと私の後ろに夢中でした。

溜まっていた彼は、ひとりで興奮状態に入っちゃって、私のを降ろして、生でありつこうとしてきました。

それで私、もう中止の合図をおくりました。

後ろ手に軽く彼の頭を叩いて、叱ってやったんです。

「これ以上オイタしたら、今夜はもうなしよ!お風呂も一緒に入ってあげないからっ!」と。

そしたら、かけていた手を降ろして、離れた彼。

そこで、さっと振り返ってしゃがみこんでから、彼の頬を両手で挟んでにらんでやりました。

そして、彼のお顔をまじまじと見て言ったんです。

「どんなお顔してんのかしら・・・この子ったら?」と。

そしたら、恥ずかしそうに私と目をそらして下を向いてしまった彼。

やっぱり自分のやっていることが、恥ずかしいみたいです。

こんなこと絶対に他人には知られたくないことですものね。

知っているのは私だけです。

これも夫婦だから許される世界です。

それにしても、床に長座になってポカンとしてしまった彼。

でもおズボンの前の方だけは、たくましく盛り上がっていました。


なので、

「後で、たっぷり可愛がってあげるからね!」と、頭を撫で撫でしてから、そこを離れた私です。


そのこともあってか、この夜の彼はすごかったです。

まるで野獣でした。

明け方まで、私に挑んできたのですから。

それにお付き合いした私、休日だというのに、疲れを癒す時間もありませんでした。





ところで・・・、

今日は会社で、上司との約束の1週間の日です。

上司の話は聞きますが、出張報告の後は、辞表を出すつもりでいます。

どうなるのかしら、私。


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>

関連記事

【 2018/10/22 】

| 日記 |
これって、神様の啓示?
私の部署内に、交通事故で脚を骨折した若い子がいます。

松葉杖状態です。

その子の出張の代役が、どうしても見つかりませんでした。


そして、結局責任者の私が行くしかなくなりました。

なので今夜から2泊してきます。

お家の方はというと、

彼に話しましたが、急なので彼も驚いた様子。

「なぜmanaさんばかりが行くんですか?」と、言葉を漏らしていました。


お家を空ける私としては、彼は先生だし、

真面目だし、

浮気の心配はまずないひとだし(笑)、

すっごく安心して2泊できそうです。

この際だから、季節を少しは楽しんできちゃおうとも思っています。



それにしても、もう辞めようとしている私が他県へまで出張に行かなければならないこのめぐりあわせって、何なのでしょう?

「早く辞めなさい!」という神様の啓示なのかしら・・・。


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>


関連記事

【 2018/10/17 】

| 日記 |
1週間後に・・・また
早朝の静かに、そしてゆっくりと流れる時間がとっても好きな私。

これは、独身時代のさらにずーっと前からの私の至福の時間です。


ベッドテーブルの上と同様に、私のお部屋のテーブルの上にも、朝はアロマランプを灯しています。

私の今気に入ってるアロマは、”クラリセージ”。

気持ちがすっごく落ち着いてき、一日穏やかに過ごせそうな気持ちにしてくれます。

そして、最近気に入っている音楽をCDデッキから小さなボリュームにして流しています。

こうしながら、自分の将来を夢見るときって、本当に幸せを感じます。

なんだか、いいことがたくさん待っていそうな気持にしてくれるのです。


彼を起こす前の朝の時間は、いつもこうして過ごしています。




ところで、

昨日、ついに私の上司に話しました。

今の私の上司といったら、もう上は支店長だけしかいません。

支店といっても、街のフランチャイズの飲食店みたいなところではありません。

いくつもの部署がひしめいているので、支店長といったら小さな会社の社長みたいな存在です。


お昼休みの終わるころに、その支店長室に入ってお話しました。

そしたら、

「君、本気かー? ・・・、君がいなかったら、うちはどうなると思っているんだ!」と真っ青な顔になって怒ったように言うのです。

このあと、延々と説得というか説教と言うか・・・が続きました。

それは、必要としているという意味では、すごく嬉しいことでもあるのですが。

もうこっちは決めちゃっているし。


最後には、君は次の支店長候補はなんだから、とも。

結局、1週間、俺に時間をくれというのです。

その1週間で何があるというのでしょう?


とにかく、こんなわけで退職届を出すのが1週間伸びてしまいました。


お世話になった上司に、個人的に頼まれると、あっさり断れない私がいます。

どこの会社でもおんなじかな?

上司の命令って(たとえお願いであっても)簡単には振り切れないのが、サラリーマンなんでしょうね。

これも私の弱さなのでしょう。


こういうしがらみ。

それも嫌だから、もうやめたいのです。



というわけで・・・、

あと1週間、なんか宙ぶらりんの気持ちで過ごすことになりそうです。

これも辛いです。




応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>


関連記事

【 2018/10/16 】

| 日記 |
| ホーム | 次ページ