FC2ブログ

私の前で、土下座した彼に
真っ赤だった私の目も、

今朝は、少しはおさまっています。



一昨日の夕方、彼の携帯に電話をしました。



でも、やっぱりでなかった。

それで、職場に電話。



「いつもお世話になっております〇〇の家内です。恐縮ですが、〇〇お願いできますか?」と。

もうこの時、心臓がドキドキでした。

始めて、”家内”という言葉も使いました。

でも、もしかしたらこれが最初で最後かもと思いながらです。




そしたら、しばらくして彼が出ました。

職員室だったのかもしれません。

びっくりしたような、それでいて覚悟もしていたような彼の雰囲気が手に取るように伝わってきました。

私が・・・

「話したいことがあるから・・・」

というと、

「今日、家で・・・」

と言って、それ以上言葉のない彼。

私が

「絶対?」

って尋ねると、

「はい、必ず」

と一言。

「何時ごろになるの?」

って、さらに確認すると、

「8時頃」と。

「わかりました、待っています」

と私。

彼だって、職場で周囲を気にして、あまりしゃべれないということはわかっていました。

なのでこれで、電話を切りました。



私、この時、彼の職場の近くまで来ていました。

それで、大急ぎで帰宅です。

そして、まずはお夕飯の準備です。

最後になるかもしれないけれど、

たっぷりご馳走してあげたいと思ってです。

彼が「美味しい美味しい」と言って食べてくれたことのあるパエリアも作りました。

今では、このパエリアは、私の得意の一つでしたし。


作り終わったのが、午後7時過ぎ。

時間もあったので、お部屋も整理整頓して、

テーブルの上には、彼が以前から「これ可愛くていいですよね」

と気に入ってくれていた”お部屋の香水”もちょこんと置いておきました。


これで準備はできました。

何があっても、受け入れようと思って覚悟していた私です。

不思議と気持ちは落ち着いていました。

今まで時間に遅れたことのない彼です。

きっと時間通りに帰宅するに決まっています。


案の定、午後8時少し前に、インターホンがなりました。

壁のディスプレイを見ると、そこには彼が映っていました。


私は、玄関まで行ってドアを開けました。



そしたら、彼・・・

申し訳なさそうな表情でいて、視線は下をみていました。

私は、少しかがんで彼の顔を覗き込むと、

彼と視線が合いました。

そこで、精一杯の笑顔で迎えました。

帰ってきてくれたことへの感謝の気持ちでいっぱいだったし。

「お帰りなさい!お疲れでしょ?・・・お風呂先にします?」と訊きました。


彼は、玄関をしめて、チェーンをかけると、

いきなり玄関の土間で私に向かって、土下座したのです。

「ごめんなさい、本当に!」と言ってです。

そして、額を床に付けたのです。

スーツ姿のままです。


これに面食らったのは私の方でした。

私だって、あんまりの姿に、その場に正座するように座り込んでしまいました。

「そんなことヤメテよー!謝るのは私の方なんだからー!」

と言いながら、彼の肩をゆすりました。

でも、なかなか頭をあげてくれない彼。

私は、どうしていいのかわからなくなりました・・・。




今回の事、私の結婚生活の大切な出来事になりました。

私の心の転換点になる出来事になりました。

ぜひ書き残しておきたいと思います。

でも今朝は、もう時間が・・・


なので、後日、記します。


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>


関連記事

【 2018/04/19 】

| 日記 |
| ホーム |