病院へは行ったけれど・・・
昨日、午後に病院へ行きました。

耳鼻科です。

症状を伝えると、いろいろ診てくださって、

結局、鼻から空気を勢いよく注入して、中の空気や水などを耳から外に出すという方法で治療してくれました。

これって、すごく怖かったというか痛かったというか、

涙がぽろぽろ・・・


その時は良くなったように感じたのですが、

帰宅して、その痛みが治まると、

やっぱり症状は改善されていませんでした。

この医師によると、「鼻と耳をつなぐ器官の機能が弱っているのだろう」

と、いうことでしたが、どうなのでしょう?


とりあえず、もうしばらく安静にして、様子を見ることにしました。




ところで、このこと、彼には話していませんでしたので、

彼は私が普通に帰宅していたと思ったのでしょう。

同じように、昨夜も夜になると求めてくるんです。


結婚以来、2か月目に入っている現在も、

私の女の子の日以外は、ほぼ毎晩このペースが続いています。

こんなことも私の想定外でした。

なので、私、終わった後に、彼にそれとなく聞いてみました。

「こんなに頑張っちゃってさ、明日のお仕事に影響しない?」と。

そしたら、これも彼の意外な答え。

「それは逆ですよ。思い残すことがない方が、ぼくは、仕事に集中できるんです」だって。


そうなのかな?

と思う私。


彼によると、やらなかった翌日は、昼間の仕事中でも、私のことが頭に浮かんじゃう時があって・・・


そうすると、体の方が勝手に反応しちゃって、彼のモノがズンズン大きくなってしまうというのです。

こういうことの方が、とっても困るそうなんです。



それが本当なら、確かに困るだろうけれど、

さすがに、毎晩となると私もきつくなりました。



言いにくいことだけれども、こんなこと母にしか聞けなくて、数日前、電話で聞いてみました。

そしたら、母、

「そんなの今だけよ、もうちょっと我慢して付き合ってあげれば・・・」というのです。

私としては、納得できるようなできないような。



私は、こういうことは週に2回あれば十分です。

週末の1回だけでもいい。

このくらいの方が、私は仕事に精が出るのです。



女と男って、こういうところも違うのでしょうか。

それとも、うちの旦那様だけが特別なのでしょうか?



応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>


関連記事

【 2018/05/09 】

| 日記 |
| ホーム |