感動と涙
昨日は、彼のお勤めしている学校の運動会。

私は、母親みたいな気持ちになって、

見に行ってきました。

将来、自分の子どもができたら、こんな感じなんだろうなっていう予行演習も兼ねてです。



お天気も薄曇りだったせいか、すごく暑いというわけでもなく、運動会日和だったと思います。

日焼けを想定して、帽子とサングラスを持参しましたが、

お帽子だけで済みそうでした。

でも、途中からサングラスです。

涙を隠すためにです。


なんていうのでしょう。

純粋な子供たちの一生懸命に走る姿や表現する様子、真剣な表情、それに高学年の子どもたちかしら?

係の仕事もがんばっていたのです。

それに、真剣に向き合う彼の姿や他の職員の方々の姿に対してもです。

自然と涙がこぼれてきてしまいました。

他人の子どもを観てもこれなんですもの、本当の自分の子どもだったら、

どれほど感動するのでしょう。

これを観て、益々早く子どもが欲しくなりました。




それにしても、彼のお仕事って。

お仕事をやって、感動までもらえるのです。

そんな、彼のお仕事。

本当に尊い職業だなと、うらやましくも感じました。



ところで、昨日は、帰ってきたら、夜の生活で、たっぷりといじめてあげようと思っていたのに、

彼の帰宅は、午後11時過ぎ。

しかも、やっと帰ってきたと思ったら、疲れとお酒で、フラフラの状態。

お風呂にも入らないで、というか入れない状態で、

そのままベッドでお休み状態に。

私は、拍子抜けしてしまいました。


体をゆすっても、私が口づけしても、上に重なっても、もうダメ・・・



結局、いじめてあげるのは、今夜に持ち越しです。



私だって、もうがまんも限界・・・

彼には、今夜こそ、もう覚悟してもらわなくちゃいけません。

私を満足させてくれなければ許しません。


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>



関連記事

【 2018/05/27 】

| 日記 |
| ホーム |