ソファで寝ちゃっていた彼に
金曜日、口をきかなくなった彼を残して、一人出勤した私。

やっぱり仕事中も気が気でない状態でした。

仕事が手に着かなかったんです。

だから、金曜日だというのに、定刻にいそいそと退勤してきました。



なぜかインターホンを押せなくて・・・、

玄関のカギを開けてそっと入っていくと、

お部屋の中は、テレビの音声だけが聞こえていました。


リビングまで行くと、彼はソファで眠り込んでいました、気持ちよさそうに。



そんな彼の寝顔を見つめると、

なぜか、可哀そうになってきちゃって。



今日は、せっかくのお休みの日だったのに。

結婚して初めて、お友達を家に呼んで、自慢でもしようと思っていたんでしょうね。

私は、彼が寝ているソファの横で膝間づいて、そんな彼を見つめました。



心の中で、『本当にごめんなさい!』と言って、手を合わせてしまいました。



そして、たまらずに、彼の唇に自分の唇をそっと重ねてしまいました。


そしたら、すぐに、彼。

無意識に手で、それを振り払おうとしてから目を覚ますと、私と知って、

「あっ、帰ってたんですか?ごめんなさい・・・、気づかなくて」と。

さらに続けて、

「コーヒーでも入れましょうか?」

と言って、ソファから起き上がろうともしました。



なので、私、そんな彼を手で抑えて。

「いいわよ、私が入れるから・・・そのままでいて!」

と、立ち上がろうとすると、今度は彼が、

私の手を、すごい力でぐいと引いて、自分の方へ引っ張り込もうとしてきたんです。

彼にしては、強引すぎです。

「ちょっと、待って!まだ着替えないから、すぐに着替えてくるからさ!」と言う私に、彼。

「我慢できません、このまま、ぼくの上に来てください、早く、お願いです」と。



私には、彼に対して申し訳ないという気持ちもあったし。

せっかくのお気に入りのお洋服が汚れちゃうという気持ちもあったけれど・・・

彼には代えられないわ、と。


私、そのお洋服のままで、彼の上に重なってしまいました。

こうなると、元気満々の彼。

私に向って、口元をとがらせて、さっそく甘えモードになって、求めてきました。


彼に申し訳ないという気持ちも手伝って、彼の希望通りにしてあげたんです。


こうなると、もうすごい力で吸い付いてくる彼。

なかなか離してくれません。

でも、私は、少しはお話したいから、途中で彼のお顔を両手で抑えて、小休止。


下にいる彼に言ってみました。

「ねぇーえ。もうご機嫌はなおったの?」って。


そしたら、彼。

「はい、すいません。ぼく、昔から時々こうなっちゃうんです。気にしないでください、すいません」と。

「アタシ、心配しちゃったわよ。また、いなくなっちゃうのかなー?と思って~」と私が言うと、

「本当にごめんなさい、ぼく女性に対して未熟過ぎなんです。経験がないからどうしてもダメなんです」と。


こう言いながらも、彼の手先だけは、しっかりと動いていて、

もうすっかりと、私の前のボタンを外して、開けてしまっていました。


そして、「埋まっていいですか?」と言うと、

私の返事も聞かないうちに、飛び込んできたんです。


私の中で、もがくのを楽しむように埋まり込んできた彼。

私は、彼へのお詫びの気持ちもあって、長い時間、彼の好きにさせてあげました。



帰宅したときは、外は明るかったのに・・・、

気が付いた時は、もう真っ暗。

元気な彼は、おズボンを汚すまで、離れないでこうしていました。




結局、夫婦にはこれがあるから、もとに戻れるっていう部分があるのかもしれません。

だから、夫婦の営みって、円満でいるために、すっごく大切だと思います。



もう彼の様子は、すっかり元に戻っていました。



週末だったので、この日は、お風呂も一緒に入りました。

ベッドに入っても、ずっと私から離れない彼。

それは、朝方まで続きました。

昨日は、朝から、昼間もずっと私たち。

ベッドでくっついていて離れませんでした。


『お天気もお天気だったし。お外へも出かける気にもなれないし。こういうのもいいかな?まだ新婚だもん』

と、心の中で、自分を納得させていた私です。


というわけで・・・

昨日は、このブログ、お休みしちゃいました。

一日中彼とベッドにいて、私はお洗濯もお掃除も、何もしないで過ごしてしまったからです。



結婚して3か月、いまだに私たちって熱々だったんだ、とあらためて自覚しました。

いつまでこういうのって、続くのかな?

ちょっと、不安でもあります。


でも、新婚って、やっぱり楽しいです。

どこへも行かなくても、何もしなくても、

二人でいるだけで、幸せを感じてしまいます。



応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>


関連記事

【 2018/06/17 】

| 日記 |
| ホーム |