FC2ブログ

脚がパンパンになったときは・・・
前の晩は、サッカーで夜遅くまで応援していて、夜が遅かったうえに、

昨日は、新人研修にかかわっていて、一日中立ち仕事。

こういう条件がそろうと、私は決まって脚がパンパンに腫れあがったような感覚に襲われます。

傍から見ると、そんなに腫れているようには見えないと言われますが、

私的には、このパンパン感覚は、本当につらいです。



以前は、こういう時は、お風呂から出た後に、

ベッドや畳の上で、仰向けになってから、脚を前方の上の方に伸ばし、壁にもたれかけます。

そうすると、サアーッと言う感じで血液が下がっていくのが自覚できました。

小一時間もすると脚のむくみ感覚は、ほぼ収まってきます。



結婚前は、こういう時には、いつもこんなことをしていたのですが、

今は、違います。



こんなときは、私がひとり言のようにちょこっとつぶやきます。

「今日は、脚がパンパンになっちゃって辛かった~」って。

そうするときまって、

彼が「揉んであげましょうか?」と言ってくれるんです。

私の脚揉みを自らかって出てくれるんです。



それが、すっごく気持ちいいの。

私がうつぶせにベッドに寝て、彼がそのベッドの横に立って、私の足先からふくらはぎを立てながら、優しくマッサージしてくれるんです。

そして、膝の後ろのツボや足の裏も念入りに親指で指圧してくれます。

これって、極楽です。

ひとにやってもらうって、こんなにも気持ちいいんですね。

優しい彼のおかげで、私は、こういう極楽も体験できています。


でも、彼にはご褒美もちゃんとあげています。

彼は、私のお尻虫なので、終わった後は、好き放題にさせてあげています。

これで、つり合いも取れているのかもしれません。

それに、彼のお目当ては、こっちの方かもしれないし。


とにかく、私たちって、新婚生活を楽しんでいるんだと思います。


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>


関連記事

【 2018/06/21 】

| 日記 |
| ホーム |