FC2ブログ

留守番をしてくれていた彼へのご褒美
疲れていても、早起きの私。

朝が大好きなんです。

習慣ってすごいですよね。

どんなに疲れていても、どんなに遅くに寝ても、いつもの時間には起きてしまうのです。



ところで・・・

昨日、帰ってきました。

お蔭さまで、無事に帰ってこれました。


新幹線だから、乗っちゃえばあっという間だったけれど、

移動距離が長いというのは、やっぱり疲れるものですね。



私、大阪と名古屋で、しっかり営業してきましたよ。

今回は、若い子も経験をつんでもらうために連れて行ったので、24時間のんびりはできませんでした。


夜は夜で、取引先の方々とお付き合いもあって、一日中気を遣い放しでした。

まあ、どんなお仕事だって、これが普通だから、仕方ありませんけどね。


こんな感じで、忙しかったので、彼のことを思い出す隙間もほとんどありませんでした。

夜になると、頻繁に彼がメールをくれるのですが、隣りには部下もいるし、一つ一つ返信することはとてもできないでいました。



その反動でしょうか、昨日私が帰宅して、

玄関からあがると、荷物を置いて着替えたり、お手洗いに行ったり、シャワーに行ったりと、

私の移動するところへと、彼はどこまでも付いてくるんです。

まるで、金魚のフンみたいでした。


そして、留守中にあったことを色々と話そうとするんです。

もう本当に子どもみたいなんだから・・・。

『貴方は、私の子じゃないんだからね!!』と、いつもの内心語が脳裏に浮かびました。


でも、昨日も暑かったし、私はまずシャワーが先。

なので、金魚のフンみたいな彼を残して、ひとりシャワーへ。

それで、やっと落ち着きました。


出ると、リビングのテーブルには冷たいアイスコーヒーが用意されていて、うれしかったナー。

「アンガトネ!」と彼にお礼の一言。

それに、テーブルの椅子に座っている彼のところに行って、

ご褒美に額に軽くキスもしてあげました。


そしたら、もっともっとと、ヒナ鳥みたいに口を向けて甘えてくる彼。


3日間、留守番してもらったしー、まあいいかーと私。

彼のお膝にまたがって、たっぷりディープしてあげました。


ところが、これで、火がついてしまった彼。

最後は、彼のアイスコーヒーまで、口移しで全部飲ませてあげることにもなっていました。


3日間でお家の中は、きれいに片付いていたし、掃除もお洗濯もきちんとされていました。

さすが、私の旦那様だわ、と感心してしまいました。

変わったところはというと、お家の中のことではありませんが、

外の木々のセミの鳴き声が聞こえなくなっていたところでしょうか。

今年は、梅雨明けからの暑い期間が長かったので、今年地中から出てくる予定だったセミも全部出てしまって、その寿命が終わってしまったのかしら?と思いました。

夏が終わったのかと思うと、ちょっと、寂しかったです。


ところで、すでにこの時、夕方だったのですが、まだ、夜ではありません。

でも、火がついてしまった彼のサガが、どうにもおさまらないのです。

アイスコーヒーを飲ませてあげた後も、彼が私の腰に腕を巻き付けていて、放してくれないのです。

私は立つこともできず、困りました。

「夜になったらさ、もっともっと可愛がってあげるから!あとにしようね!」と言って、頭を撫で撫でしてあげてもダメ。

それが、さらに逆効果になってしまって、離れないのです。

彼は、私が着ていたバスロの胸を開けて、潜り込んでくるし・・・

体の濡れを吸い取るために着ているのに、逆に彼のお顔の汗を吸い取る結果になってしまいました。

それに、私だって中は何も着けていないので、彼はおしゃぶりしてきて、好き放題。

中であんまり動くもんだから、髪に巻いたタオルだってほどけてしまうし、

濡れた黒髪がお化けみたいにだらんと垂れ下がってきて、この場面、絵にしたらすごかっただろうなと。


そういうことで、夜になる前に、彼はここで、大爆発。

またおズボンまで汚してしまいました。

そうしないと収まらなかったんでしょうね。

これで、やっとわれに戻った彼。


私、本当だったら、夕方は彼と外に出て、お食事に行こうと思っていたけれど、

ここでこうしちゃったから、もうおしまい。

この後も、ずっと彼の長いお話を聴いてあげたりして、お付き合いしてしまいました。


あれからは、お風呂にもまた一緒に入りなおして、

彼はその簡に、溜まっていた3日分の欲求を全部私にぶつけてきたみたいです。

それで、思い残すことがないくらいに満足したみたいです。

お風呂に一緒に入った時、彼、また言ってました。

「ぼく、もう死んでもいいです」と。

本当に、死んでしまったら困るんだけど、そのくらいに満足してくれたんだから、妻としてはやっぱり嬉しいです。

その分は、2学期からのお仕事をがんばってほしいです。


私は、明日の月曜日は、出張の代休です。

でも、彼は明日から2学期です。

なので、今日は、日曜日なのに学校へ行くとか、昨晩言ってました。

「最後の一日ぐらい、ゆっくりしたら?」と私が言うのに・・・

彼は、今日から本気モードに切り替えるんですって。


でも、昨晩あんなにがんばっちゃって、起きられるのかしら?

お昼になっても起きてこないようだったら、起こしてあげようかな?


私は、今日は大好きなお部屋のお掃除したり、本を読んだりして、のんびりと過ごそうと思います。



応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>

関連記事

【 2018/09/02 】

| 日記 |
| ホーム |