FC2ブログ

お眠して待っていた彼に・・・
昨日は、いいお部屋が見つかりました。

新築でした。

アパートなのに、玄関のドアを開けると、階段もあって、二階建てのようなつくりになっているの。

一目で気に入ってしまいました。

即、契約してきました。

そのお話は、また次回にお話ししますね。


ところで、先日の祝賀会のあとの彼のことを書き記しておかないと、

忘れちゃうから・・・・。



あの日私が帰ると、彼はソファで寝てしまっていたんです。

私が帰ってきても、全然目が覚めないの。

私が、そばに座って、彼の口元にキスをしてあげてもまだ起きないのですよ。

これって、不用心ですよね。

もう・・・と思って、お口全体に覆いかぶさるように口づけしてあげたら、さすがに起きたの。

「あっ、お帰りなさい。manaさん、疲れたでしょ? 食事は大丈夫ですか?、会はどうでしたか?・・・」等々、矢継ぎ早に用意でもしていたように質問してくるんだから・・・。

もうほろ酔い状態で、私の頭は回転しませんもの。

一つ一つは答えられません。


「それより、一緒にお風呂入る?」と言うと。

「はい!!、お願いします。ずっと待っていました」と律儀な彼の返答。

「先に、入ってて!お化粧落としてから入るからさ!」と私。


でも、なかなか入らないで、私の周辺をウロウロする彼。

目的は、わかってんだけどなー。

私が奥のお部屋でスリップ姿になって、洗面所に戻ってくるのを待っていたんです。

私が洗面所で、お化粧を落とし始めると・・・、

やっぱりです。



後ろに、膝間づく彼。

あっという間に、おしりむしさんになっちゃったんです。

もう私も慣れっこですよ。


あとは、ほろ酔い気分の私の甘さに乗じて、やりたい放題の彼。

こちらは、思うように洗顔もできなかったわ。


「お酒いっぱい飲んで、いっぱいしたから・・・お酒の匂いするでしょ?」と、後ろの彼に言うと。

彼は、もう夢中で耳に入らない様子、返事もしないの。


私のお化粧落としが終わっても、なかなか離れない彼。

後ろ手にお顔を突き放そうとしても、男の力で腕が脚に巻き付いちゃって離れない。

仕方ないので、その場でお座りしちゃった。

固い床の上に、ドシンと下敷きにした彼。

狭い洗面所に脚を折りたたんで、寝ころぶ彼。


私は容赦なく、全体重を乗せちゃいました。

最近は、また体重が復活してきて80㎏ちょっとある私です。

かなりきつかったと思いますよ。

床も固いし。

なので・・・

あんまり可哀そうに思えてしまって、私が使っていたフェイスタオルを彼の頭の下に入れてあげたんです。

それでも、下が固い分、あまりの重さにこたえたみたいです。

「manaさんぼく、頭が割れちゃいそうです」と、弱音をはいてきたんです。

「貴方は、重いのが好きなんでしょ!苦しいのがいいんでしょ?」と言って、簡単に許さない私。

さんざん、ぐりぐりやってあげちゃった。



これで、彼はもう満足したみたいです。

素直に離れてくれて、お風呂に先に入っていきました。

そのあとは、二人で楽しい甘いひと時を過ごしましたよ (#^.^#)

でも、この先は、時間の関係で割愛させていただきまーす。


それでは、今週もがんばっていきましょう!!


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>


関連記事

【 2018/11/12 】

| 日記 |
| ホーム |